りんごのコンポート(9ケ月頃~幼児)

りんごを離乳食や幼児食であげるためには、どのような注意が必要なのでしょうか。

りんごはおいしいので、おいしく楽しく食べていかれるといいですね。

赤ちゃんはりんごをいつから食べられる?

赤ちゃんは、りんごは早いうちから食べることができます。
ただし、気を付けたい点がいくつかあります。

1.硬さ

りんごは甘くて食べやすいものです。
しかし、りんごは、そのまま食べるには赤ちゃんには少し硬いので、加熱してあげられるといいですね。

離乳食であげられるかどうかを判断するポイントは「大人が指でつぶせるか」です。
りんごは、硬くて切り方によっては小さくて軽いものになってしまいます。そうすると気管などに入ってしまう心配もありますので、離乳食のときには生のまま切ったりはしないようにしましょう。
また幼児期でも、ごろっと切るのではなく、なるべく薄い輪切りにしてみるといいでしょう。

2.アレルギー

りんごは、アレルギーの可能性はあります。

ただしりんごアレルギーは、乳児期よりも大人になってからかかる人も多いのが特徴です。
乳幼児期にりんごアレルギーにならないというわけではありませんが、あまり恐れてしまうと、いろいろなものが食べ進められなくなってしまうので、そこまで乳児期に心配しすぎる必要はないでしょう。

今回は電子レンジで簡単に加熱できるレシピをご紹介します。

【離乳食】りんごのコンポート(9ヶ月頃~)

評価(星を押して投票!)

5 from 1 投票
準備: 0
調理時間: 20
0
ターゲット 幼児食, 離乳食
種別 おやつ, 副菜
キーワード りんご
レシピの目安: 2 回分

材料

  • りんご …1/8個
  • みかん …1/2個

作り方

  • りんごは皮をむき5mm程度のみじんぎりにします。角切りではなく、一辺が薄いなど、不均等だといいでしょう。
    りんご コンポート 離乳食 作り方 レシピ
  • みかんは搾ります
    みかん 絞る 離乳食
  • 耐熱容器にりんごと⓶のみかんの汁をいれ600wで約2分加熱します
    りんご コンポート 離乳食 作り方 レシピ
  • りんごがやわらかくなったら完成。

りんごを加熱する理由と大切なポイント

小さくて硬くて軽いものは喉につまってしまうかのうせいがあるので、指でつぶしたらぐちゃっとつぶれるくらいにやわらかく加熱しましょう。
加熱がたりない場合は水を振って再度加熱するか、つぶしてくださいね。

参考文献

食物アレルギー診療ガイドライン2021

授乳離乳の支援ガイド

著者

山内恵子
山内恵子
母子栄養指導士、調理師

千葉県市原市でキッズスペース付のカフェ【きまぐれカフェclover】を経営しています。健康は明るい食卓から!を提案しています