「7か月になったのですが、7倍がゆにしたほうがいいですか?」といった質問がよくあります。確かに多くの雑誌や本には、7か月から7倍がゆと書いてあります。

管理栄養士である私は、雑誌や本の監修をしているので、責任があるのですが、あえていいます。

「あくまでもこれは目安です!」

日本はどういう指導をしているのか

日本では、離乳食に関する目安「授乳・離乳の支援ガイド」が厚生労働省から発表されています。
これをみると、

米がゆは乳児が口の中で押しつぶせるように十分に煮る。初めはつぶしがゆとし、慣れてきたら粗つぶし、つぶさないままへと進め、軟飯へと移行する

としています。

進め方の表をみても、「つぶしがゆ」の次は「全がゆ」となっており、7倍がゆなどの表記がないのがわかります。

全がゆとは、米1:水5で煮る5倍がゆのことです。
つまり、このガイドには、つぶしがゆ、5倍がゆ、軟飯というくらいの目安しか書いてありません。
本にあるような7倍がゆという記述はあくまでも、さらにわかりやすく解説するための目安です。

おかゆの進め方

ではどのようにおかゆを勧めたらいいのでしょうか。

最初は10倍がゆ(米1:水10)をつぶしたものをあげるようにします。ただし、できあがりが諸事情によりかわってきますので、とろみがきつそうなら、お湯を少し足したりして調節することも必要です。
そこから少しずつ、スプーンなどで軽くつぶしたものをあげてみるなど半つぶしを試し、離乳食をはじめて1カ月くらいすぎたら、徐々につぶさないおかゆをあげてもいいでしょう。

そこから少しずつ水の量を減らしたりして、様子をみていき、9カ月頃になったら一度、全がゆ(5倍がゆ)を目安として作ってみてもいいかと思いますが、あくまでも目安です。おかずでいろいろな食感なども経験するので、水の分量などにシビアになりすぎなくてもいいでしょう。

赤ちゃんが丸のみしていないか、飲み込みにくそうにしていないかなど、個々の赤ちゃんの状況をみて進めていけばいいのです。

★お知らせ★資格を取得してみませんか?
★離乳食アドバイザー養成講座
★妊産婦食アドバイザー養成講座
メールマガジン登録で、デジタル小冊子「卵はいつから?」ダウンロードプレゼント