離乳食期の食材選び、これはいつから大丈夫?と気になるものもありますね。
回転寿司などの普及で身近に感じるお寿司やお刺身、今日は生のお魚について解説します。
お刺身は、離乳期すぎてからなのか、3歳なのか気になるかと思います。
なぜこのような諸説があるのかも考えながら、赤ちゃんの状況や環境を考えてあげるようにしたいですね。

離乳食期にはお刺身を避けたい理由

その1:食中毒の心配

生のお魚は、海水中に生息している腸炎ビブリオ菌が原因による食中毒や、アニサキスなどの寄生虫による食中毒の心配があります。
赤ちゃんは、大人と比べると抵抗力が弱く、食中毒になると重症化してしまうこともあります。
離乳食期がすぎて体力もある程度ついたころである3歳ごろからで、なおかつ元気な時にあげるようにしましょう。

その2:よく噛む子になるために

生のイカやタコはかたく、うまく噛みきれず、喉を詰まらせる原因となったり、丸飲みする習慣がついてしまったりします。
離乳完了期では奥の歯ぐきでつぶせるハンバーグ程度のかたさを目安に食材は選びます。
また、歯が生えそろっても、咬み合わせは整っておらず、かたいものは噛み潰すことが難しいと考えられます。
きちんと噛んで食べる子にするために、年齢にかたさにあった食べ物をあげましょう。

その3:塩分とりすぎ

いくらやたらこなどは、塩分の過剰摂取の心配もあります。日本人の食事摂取基準では1〜2歳の子どもの食塩摂取の1日目標量は3〜3.5g、いくらの軍艦巻きを二貫食べると約1gです。子どもの頃から塩分の多い食事を続けることは生活習慣病を引き起こすことにもつながります。
離乳食期を過ぎても、抵抗力が強くなり、咬み合わせが完成する3歳頃から、少しだけ、が望ましいでしょう。

刺身と食中毒

腸炎ビブリオ菌による食中毒では、腹痛、下痢、嘔吐、発熱、アニサキスによる食中毒では、激しい痛みや嘔吐という症状がでます。
乳幼児の場合は、ひどい下痢や嘔吐が続くと脱水状態に陥ります。重症化を防ぐためにも離乳食期は生のお魚は食べないことはもちろん、こんなことにも注意しましょう。
手洗い

●食中毒予防三原則

「つけない」

食中毒を防ぐ1番は、原因菌などをつけないこと。生のお魚を調理したあとのまな板や包丁や、手はしっかり洗い、離乳食を調理する前は特に気をつけましょう。

「ふやさない」

菌は温度や湿度の条件がそろえば時間とともに増殖します。離乳食は調理後、なるべく早く食べましょう。

「やっつける」

一部の菌を除き、食中毒菌の多くは加熱により死滅します、またアニサキスも加熱することによって死滅します。離乳食期の肉や魚は加熱調理を原則としましょう。

こんな食材も要注意!

サーモン

スモークサーモンのような非加熱の魚介類加工品では、リステリア食中毒の危険性があります。
他の一般的な食中毒菌と同様に加熱により死滅しますが、4℃以下の低温や、12%食塩濃度下でも増殖できる点が特徴です。
冷蔵庫内だから、塩蔵だからと安心できない食中毒菌、お刺身と同じように抵抗力の弱い時期には気をつけましょう。

赤ちゃんのペースで

一概に3歳からと決めつけるわけではなく、離乳食期をすぎた頃(1歳半以降)からほんの少しなら考えてもいいでしょう。
ただ、新鮮であることは第一です。鮮度に疑問があるようなものは避け、また青魚のようなアレルギーの出やすいものも避けておくと無難です。
塩分のとりすぎや咀嚼、衛生面に気を付けていろいろな食材へのチャレンジが増えていくといいですね。

参考
農林水産省 食中毒から身を守るには
日本小児歯科学会 歯からみた幼児食の進め方
厚生労働省 リステリアによる食中毒
厚生労働省 日本人の食事摂取基準 

プロフィール

木下麗子
木下麗子
管理栄養士、「五感をはぐくむ料理教室KitchenChura」主宰
ママが楽しみながら料理ができるお手伝いをします。
母子栄養協会 スタッフ