離乳食初期に何を食べさせたらいいのか迷いますね。
10倍がゆを何回か試したら、次にチャレンジしたいのは、野菜のペーストです。

中でも「にんじんペースト」は、彩りもかわいく、栄養も豊富なのでオススメです。

離乳食のおかゆになれたら…「にんじんペースト」

離乳食は5.6か月頃になって、赤ちゃんの機嫌がよいときに始めます。
10倍がゆをつぶした「つぶしがゆ」を最初の味とするといいでしょう。
つぶしがゆに慣れたら、次は野菜をつぶしたものも食べられるようになります。

離乳初期にむいている野菜は、
・にんじん
・かぶ
・だいこん
・白菜

など、柔らかくなりやすいものがあげられます。なかでも、にんじんは栄養も豊富で、かわいい色なので、あげたくなりますね。

甘くておいしい「にんじんペースト」

さて、ではこのにんじんペーストをどうやって作るのがおいしいのかご存知ですか?
にんじんをおろしがねですりおろしてから、鍋で加熱するのもいいのですが、それでは繊維が残ってしまったり、甘さがイマイチです。
また、茹でてからつぶすのが一般的な作り方かもしれませんね。

でも、にんじんペーストを甘くおいしく作るには、
一旦蒸すのがポイントです。
茹でるのではなく、柔らかくなるまで蒸します。じっくり加熱することでにんじんの甘みがぐっと引き出されます。
それでは、甘くおいしく作るコツを工程つきで紹介します。

にんじんペーストの作り方

①にんじんは皮をむき、1cm程度の輪切りにします。

②蒸し器(写真はせいろ)にいれ、10分ほど蒸します。

③十分に軟らかくなったら、こし網の上にのせ、スプーンでつぶします。

こし網以外では、すり鉢でつぶしてもいいでしょう。

④できあがり。 写真はこしたあとすぐのもの

はじめのうちは、お湯で少しのばして滑らかにしたり、この状態ならおかゆに混ぜたりするといいでしょう。


お湯で伸ばすとこのようになります。きれいなオレンジ色で食欲も増しそうです。

本当に甘くておいしいので、パパ、ママもひとくち食べてみてくださいね。

すりおろしただけの にんじんとは全く違います。

 

 

赤ちゃんのためだけに、にんじんペーストを作るのが面倒だと思っていませんか?
実はここまでおいしいにんじんペーストなら、最高のドレッシングにもなります。次回簡単な作り方をご紹介しますね。

>>離乳食のにんじんペーストを使ったドレッシング

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら
★お知らせ★資格を取得してみませんか?
★離乳食アドバイザー養成講座
★妊産婦食アドバイザー養成講座
メールマガジン登録で、デジタル小冊子「卵はいつから?」ダウンロードプレゼント