蕎麦(そば)は何歳から食べられる?

赤ちゃんは蕎麦(そば)をいつから食べられるようになるのでしょうか?
よく聞かれる質問ですが、その答えはありません。

例えばハチミツのように、厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」などに載っているわけではありません。明確な指標はないので、一概に言えないため、いろいろなメディアによって誤差があるかと思います。

ですから、答えは難しいのですが、私は「1歳半までの離乳食期には避けたほうがいい」と答えています。

離乳食期にも食べていいという説もあります

重ねていいますが、私は離乳食期には避けた方がいいと思います。しかしながら、大手出版社から出ている離乳食の本でも、生後9か月頃から食べられるとしているものもありますし、他サイトでは、「すりつぶしてあげましょう」と書いてあるものまでありました。

結果からいいますと、そばアレルギーは、卵や牛乳のように乳児期に多く発症するようなアレルギー臨床型ではなく、年齢に関係なく、むしろ幼児期以降にみられる即時型アレルギーという臨床型に該当するといわれているため、何歳でもみられるアレルギーです。今まで食べていたが、大人になってから発症するという辞令もあります。

そばはいつから食べられる?

そば ソバ 蕎麦

では、いつ食べてもいいのか?と聞かれれば、私なら「ある程度体力がついている時期であり、活動範囲が広がるであろう時期」と答えます。

保護者がいないところで初めて口にするということは、できたら避けておいた方が安心なので、目の行き届くうちがいいでしょうが、あまり体力もない乳児期に無理にあげる必要はありません。

なぜなら、小さいうちから少しずつ慣らせばアレルギーになりにくくなるという卵アレルギーのようなタイプではないからです。少しずつ慣らしたからといって食べられるものではないということは覚えておくといいでしょう。

ですから、「いつから あげたらいいのか」の答えは大変難しいのですが、1歳半をすぎた頃であり、体調がよく、なおかつ平日の昼頃まで(午前中)など がいいでしょう。

食べてから2時間以内に発症することが多いので何かあっても病院にかけこめるときだと安心だからです。

最初はどうやってあげたらいいか?

では最初のひとくちはどうやってあげたらいいのでしょうか?

卵のように徐々に少しずつ食べて慣らすということではないのですが、多量に食べてしまい重篤な症状がでるよりも少しだけで様子を見たほうがいいので、

・そばを茹でた湯で湯がいたうどん
・1㎝くらいのそば

などから試すとよいでしょう。
このようなものをリスクの少ない時間帯(平日午前中で体調のいいときなど)に試してみてください。
そばの茹で汁にもアレルゲン

そばのアレルゲンは、熱にも強く、茹でたらその湯にも溶出してきますので、アレルギーがある場合にはそれでも反応します。また蕎麦粉が飛んでいるような、そばうちデモンストレーションがみられるような場所なども同様に反応します。

そばのアレルギーはどのようなものなのか

そばのアレルギーにかかる人は、卵などと比べるとその割合はとても低いので、多くの方は心配いりません。

ただし、症状が激しくでることが多いのが特徴です。湿疹のような皮膚症状より、主に気管に症状があらわれやすいので、呼吸困難や顔面蒼白などがみられてしまうのでおそれられています。

でもそのアレルギーの詳細は未だ解明されていない部分も多いので、アレルギー物質も細かく特定できていません。
遺伝もわかってはいませんが、近親者にそばアレルギーの人がいる場合は、食べさせる前に医師に相談しましょう。

そのほかに注意すべき食べ物

そばアレルギーの人は、以下のものにも注意をしましょう 参考URL)クミタス

・そばと一緒に茹でたうどんなど(前述のとおり)
・そばボウロ
・そば粉のガレット(そば粉クレープ)
・冷麺…韓国のものはそば粉を使っているものがあるようです
・そば殻を使った枕
・そば茶
・雑穀米…十穀米などの複数ミックスされているものには、そばの実が入っていることもあります
・そば粉が舞っている可能性のありそうな場所
・胡椒…そば粉で増量しているものもあるとのことなので、なるべく粒コショウを購入して自宅で挽いてつかうようにしたいものです。
・お菓子…ベビースターラーメンなどは、製造上で混入している可能性があると記載してあったりするので、商品のアレルギー表示をよくみることも大切です。

最後に

年越しそば などから試したくなる人も多いのですが、年末の夜に症状がでてしまうと大変なのでできるだけリスクは避けることをオススメします。
事前に試しておいたり、ちょっとでも不安があれば別のもので代用しておくと安心です。

年越しそばの風習を伝えることもとても大切ですが、赤ちゃんには別鍋で茹でたうどんでもいいでしょうし、もう少し大きくなってから、その意味も一緒に伝えてあげられるようになってから食べる日がくることを楽しみに待ってみてくださいね。

【参考文献】

1)食物アレルギーの栄養食事指導の手引き2017 – 食物アレルギー研究会
https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/nutritionalmanual2017.pdf

2)クミタス 商品情報 https://www.kumitasu.com/

プロフィール

川口由美子
川口由美子
一般社団法人 母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師
All About 「離乳食」「幼児食」「妊娠中の食事」ガイド

女子栄養大学 卒(小児栄養学研究室)。企業にて離乳食の開発を行ったのち独立、管理栄養士として多くの離乳食相談を聞き、母親に寄り添った講演会を開いている

アドバイザー養成講座案内

母子栄養協会の アドバイザー講座は、プロから選ばれる講座です。
妊活から小児栄養、学童期の栄養までのスペシャリストが、しっかりわかりやすく要点をお伝えします。
 妊産婦食アドバイザー /  離乳食アドバイザー
 幼児食アドバイザー / 学童食アドバイザー