お正月に楽しむ「お雑煮」、地方によって作り方や味付けは様々ですが、お餅がはいるご家庭も多いですね。

お正月料理は家族そろって楽しみたいところですが、おせち以外にも気をつけたい食材のひとつがお餅です。

お餅はいつから?

お餅はねばりが強く、まだ噛み切る力が弱い離乳食期には丸のみになり、喉に詰まってしまう可能性があります。
噛み合わせが整い、奥歯でしっかり嚙み切れる3歳頃から、がのぞましいですが、咀嚼の発達は個人差があるので、噛めているかどうか観察しながら判断しましょう。

気をつけたいこと

食べられるようになっても、お餅は消費者庁からも注意喚起されている窒息事故が起こりやすい食材です。お餅つきなどのイベントが増えるこの季節、とても楽しい季節を感じられる大切な行事ですが、噛む力が弱い年代は特に以下のような点に気をつけましょう。

1、小さく切り分ける
2、次々と口に運ばないように注意して見届ける
3、飲み込めたか確認し、様子をしっかりと見る

 

年末年始は病院がお休みの場合が多く、事故を避けるためにも、はじめての食材には特に注意しながらお正月料理を楽しんでくださいね。

大根もちのお雑煮 完了期頃~

お餅はまだ心配だけど、お雑煮は一緒に食べたい!方におすすめのレシピ

<材料> 2人分

・大根 40g

・片栗粉 大さじ1/2

・にんじん 20g

・里芋 20g

・ほうれん草 10g

・かつお昆布だし 200㏄

<作り方>

1、大根はすりおろし、軽く水気をきったら片栗粉を合わせ、フライパンで焼く

(テフロン以外のフライパンの場合は、軽く油(分量外)を塗ってから焼く)

2、にんじん、里芋は食べやすい大きさに切り、かつお昆布だしで煮る

3、ほうれん草は下茹でし、食べやすい大きさに切る

4、2の野菜が柔らかくなったら、1と3も加え、盛り付ける

お雑煮やお餅に込められた意味も大切に

お餅は健康や長寿を願い、神様にお供えする神聖な食べ物といわれています。お正月という行事を感じることができる食べ物のひとつですね。家族で楽しく過ごせるように、安全に配慮しながら、子どもたちにもお正月料理に込められた意味を伝えていきたいですね。

 

消費者庁 餅による窒息事故には御注意を

消費者庁 高齢者の餅による窒息事故に気をつけて!

日本鏡餅組合

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら

プロフィール

木下麗子
木下麗子
管理栄養士、「五感をはぐくむ料理教室KitchenChura」主宰
母子栄養指導士
ママが楽しみながら料理ができるお手伝いをします。