【妊娠中の栄養】クリスマス、妊婦はローストビーフを食べてOK?

冬は何かと、外食やホームパーティなど、普段とは違う食事内容になることが多いかもしれません。
そんなとき、妊娠中ならどんなことに気をつけて食事をしたらいいのでしょうか?
そのポイントを見ていきましょう。

妊娠中はローストビーフを食べてもいい?

クリスマスのメインメニューとして人気なのが、ローストビーフやローストチキンですよね。
数年前、人気タレントが妊娠中にローストビーフを食べたとSNSにあげ、ファンの間で妊婦が食べていいものかどうかと話題になったことがあります。
ローストビーフ 妊婦

ローストビーフの加熱は安全?

妊娠中に生ものを食べることは、食中毒の原因になるため控えましょう。

ではローストビーフは、生ものでしょうか、加熱でしょうか。

ローストビーフは中がピンクがかっているので生肉だと思われがちですが、市販されているローストビーフは、肉の中心温度が55℃~63℃で加熱しなければいけないなどの衛生基準があり、加熱された肉になります(食品衛生法では「特定加熱食肉製品」となっています)。

しかし、ローストビーフは、気を付けたい点がたくさんあります

ローストビーフの加熱温度は不十分です

ただしローストビーフは生肉ではないものの、加熱温度が不十分のため、気を付けたい点があります。

妊婦が気を付けたい リステリア菌とトキソプラズマ

リステリア菌は、食中毒菌で、妊婦が感染した場合は早産や死産などを引き起こすことがあります。

また、トキソプラズマは寄生虫の一種で、これも妊娠中に感染すると流産や死産などのリスクが出てきます。

あくまでも、「リスクがある」ということであって、必ずなるというものではなく、元気な成人であれば、食しても症状が出ることは少ないです。ただ免疫が著しく落ちている場合に、稀に発症する可能性があります。

これらリステリア症とトキソプラズマ症の感染予防として、肉を調理する際は中心部まで十分に加熱をすることが必要になります。

リステリア菌は65℃で数分加熱、トキソプラズマは中心が67℃になるまでの加熱が必要になるため、ローストビーフの加熱基準(中心温度が55℃~63℃で加熱)では不十分といえます。

妊娠中は、ローストビーフではなくローストチキンを

そのため妊娠中はローストビーフではなく、しっかり中まで加熱されたローストチキンなどを選ぶとよいでしょう。ローストチキンは中までしっかり火が通っていますので安心です。

ローストチキン クリスマス チキン 妊婦

ローストビーフではなく、ローストチキンならOK

生ハム、スモークサーモンもNG

生ハム チーズ 妊婦

前菜でありがちな、チーズと生ハムは避けましょう

リステリア菌に関しては、
・生ハム
・スモークサーモン
・魚や肉のパテ
といったものも感染源となりますので、前菜でよくありますが気を付けましょう。

まとめ

このクリスマスメニューに限らず、イベント時の食事はついつい色々食べたくなってしまうと思います。
もし、「これは食べても大丈夫な料理かな?」と迷ったら、しっかり”火が通ったもの”を選んで食べるようにすれば安心でしょう。

冷蔵庫の中のものを過信しすぎず、チーズの賞味期限内であっても開封したらその限りではありませんので、きちんと今まで以上に開封後の管理などはしっかりとし、楽しく安全な食生活を送ってくださいね。

————
参考)
食品別の規格基準について(食肉製品) (厚生労働省)
トキソプラズマ症とは(国立感染症研究所)
加熱してもなぜ食中毒が起こるのでしょうか? (食品安全委員会)

 

プロフィール

長有里子
長有里子
sazukaru主宰
「授かるごはん講座」として妊活のためのごはんをレクチャーしている。
(一社)母子栄養協会 妊産婦食アドバイザー代表講師

自身の不妊経験をもとに、妊活、女性のホルモンバランスと栄養、妊娠期などの食事を研究。
書著に「生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術(講談社)」