【離乳後期】かぼちゃとしらすの粉ミルクリゾット

離乳後期はしっかり鉄分をとりたい時期です。
そのためには、まぐろやかつおなどの赤身魚や青魚の血合い部分、赤身のお肉などもとてもいいのですが、簡単なのが粉ミルクです。
しらすや粉チーズでカルシウムも豊富!(生後9カ月から)

生後9カ月ですが、料理に使うだけならフォローアップミルクでも構いません。

材料 (約1回分)

ごはん   50g
かぼちゃ  30g
粉ミルク  7g
しらす  大さじ1(5g)
お湯   80ml
粉チーズ 小さじ2(4g)

作り方

1 .かぼちゃを柔らかくなるまで茹でます。しらすは塩抜きしておきます。
2 .小鍋にごはん、1のしらすとかぼちゃ、お湯で溶かした粉ミルクを入れて、ごく弱火でごはんが柔らかくなるまで5~10分煮ます。
3 .粉チーズを加えて全体を混ぜたらお皿に盛ってできあがり。

コツ・ポイント

鉄分を補給したい離乳期には、上手に粉ミルクやフォローアップミルクを使うのがオススメです。
レシピ内の粉ミルクをフォローアップミルクに代用してもOKです。牛乳をミルクにかえるだけで鉄分がぐんととりやすくなります。

(レシピ)母子栄養指導士 管理栄養士   薦岡具代

プロフィール

薦岡 ともよ
薦岡 ともよ母子栄養指導士/管理栄養士
株式会社 とらうべ

妊娠、出産、育児、仕事、健康や病気など、女性のライフサイクルに様々な形で携わる会社で、管理栄養士として栄養相談、セミナー、原稿執筆などを行う。
自分らしく生活を充実させることを食の面からサポートする。

アドバイザー養成講座案内

母子栄養協会の アドバイザー講座は、プロから選ばれる講座です。
妊活から小児栄養、学童期の栄養までのスペシャリストが、しっかりわかりやすく要点をお伝えします。
 妊産婦食アドバイザー /  離乳食アドバイザー
 幼児食アドバイザー / 学童食アドバイザー