離乳食の卵の進め方はどうしたらいい?

卵のアレルギーが心配で、なかなか卵を始められない方も多いことでしょう。

私の元には、「卵を早くから微量はじめるといわれても、ずっと微量になってしまってどうやってすすめていいのかわからない」という相談が相次いでいます。

まず、一般的な赤ちゃんと皮膚炎のある赤ちゃんでは異なることをおぼえておいていただきたいと思います。

卵アレルギーを予防するには、現在では生後6ヶ月頃から少しずつあげるとよいと言われている元となった、PETIT研究について少しだけ詳しくみていきましょう。

PETITスタディ

PETIT研究

PETITスタディ、Lancet 2017; 389: 276-86

国立成育医療研究センターを中心とする研究グループが2017年に発表したPETITスタディは、とても注目を集めました。
また、2019年3月の「授乳・離乳の支援ガイド」改定も重なり、インターネットをはじめとするメディアでは「卵の早期摂取がアレルギー予防となる」ということが認知されています。

しかしながら、このスタディは下記のようにして行われていることを知っておきたいものです

対象

生後6ヶ月未満でかゆみのある湿疹(アトピー性皮膚炎)を、プロアクティブ治療(初期に十分なステロイド外用薬を使用したあとゆっくり減らし保湿剤でスキンケアを行うこと)で寛解することができた乳児

摂取量

加熱全卵0.2g相当の研究用加熱全卵を毎日摂取

対象人数

60人、61人の2つの群に分けている

見逃してはいけない点

この研究では、安易に「鶏卵は早くから始めるべき」としているわけではなく、まずはじめにスキンケアをしっかり行っているということが重要となります。

また、加熱全卵を0.2g相当という、一般家庭では摂取困難とも思える量を摂取していることも問題です。また、この加熱全卵にはどの程度のアルブミン量が含まれているのか、筆者は探すことができませんでした。

卵白アルブミン量の加熱による変化

卵に含まれる、主に卵アレルギーの原因ともなる、卵白アルブミンは加熱によってそのチカラが変わってきます。よって、長時間、加熱したもののほうが抗原が弱まるため、20分しっかり茹でた固ゆで卵のほうが、良いと考えられます。

卵を加熱したときのアレルゲン

このように、同じ「卵」であっても、アレルギーの抗原量が違うので、どのくらいをどのようにとっていったらいいのか迷うものです。

 

ごく微量の卵摂取には、卵ボウロが良いのか?

卵はごく微量の摂取が良いとはわかっていても、実際毎日食べさせるとなると、なかなか難しいので、卵ボウロはどうなのかという話になります。

卵アレルギー予防 たまごぼうろ

岩本製菓のホームページには

国産卵黄かぼちゃボーロ1粒には卵黄 19.6mg(少量の卵白含有)、タマゴボーロ1粒には全卵約23.5mg入っています。

卵の量だけみると、これが、卵の少量摂取にはいいような気がしますが、一方で気になるデータを発見しました。

かたゆで卵とボウロ

この先生の文献によりますと、加熱時間が長そうな卵ボーロでも、卵白アルブミンは多く残存しているということなのです。

筆者はアルブミン量をはかることができなかったのですが、食べさせやすいので、卵黄のみのボウロはオススメかと思います。

卵黄のみといっても、生の状態でとりわけているので卵白は含んでいますので、少量のみのトライアルにはいいのではないでしょうか。
卵黄のみのボウロは森永製菓 マンナボーロ大阪前田製菓 卵黄かぼちゃボーロ などがあげられます。

リスクが高い人は医師の診断のもとで。そうでない人は支援ガイドをもとに

最近とても増えているのが、「卵を少しずつはじめているが、全然増えない。どのように増やしたらいいのか」ということです。

繰り返しますが、このPETITスタディは、アトピー性皮膚炎を持っている人を対象にしていて、皮膚をステロイドと保湿剤でケアしながら行っています。

アトピー性皮膚炎があり、卵アレルギーの疑いがある児は、医師の診断を受けそれに従ってください。

そのようなことがない人は、授乳離乳の支援ガイドをもとにして離乳食をすすめましょう。

ガイド 卵アレルギー 治療

「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」日本小児アレルギー学会 より引用

卵のすすめ方 

*以下は母子栄養協会が推奨するものであり、小児科医が推奨するものではありません。また、皮膚疾患やアレルギーを疑うような疾患がない児を対象とした、一般的な卵のすすめ方であり、家庭で実践しやすい方法を考えたものです。

1.6ヶ月頃からしっかり加熱したゆで卵の卵黄を少しからはじめます

大丈夫であれば、加熱卵黄はそれほど慎重になる必要はありませんので、1週間くらいかけてゆで卵卵黄1個分を食べられるようにします。茹でたあとはなるべく早く卵黄のみとりわけます
(卵白アルブミンは水溶性なので、茹でてしばらく時間が経つと、卵白から卵黄に移行します)

2.7ヶ月頃~生卵の状態で卵黄と卵白にとりわけて、卵黄を薄焼き卵にします

ゆで卵を1時間ほど放置して(アルブミンが卵黄に少し移行して)から卵黄をとりわけるという方法もありますが、現実なかなか難しいかと思いますので、生の状態で卵黄をとりわけてから、よく混ぜて両面よく焼いて薄焼き卵にし、千切りにして錦糸卵にしてから少しだけとりわけます。
残りは冷凍できるので、1週間少しずつ食べることができます。
これも面倒な場合は「卵黄のみ を使ったボウロ(小麦、乳不使用)」もオススメです。小麦や乳が大丈夫な場合は、含んでいるものもいいのですが、アレルギーの出方がわかることがあるという研究もあります。

例)森永製菓 マンナボーロ、大阪前田製菓 卵黄かぼちゃボーロ 

3.全卵の薄焼き卵にしていきます

抗原の量だけをみると、20分固ゆで卵の卵白がいいということになっていきますが、リスクが高い児ではない場合、このステップを踏んでいくと時間がかかりすぎます。また、卵白だけみじん切りして1gというのは、とても大変です。(ゆで卵の卵白は冷凍すると食感が変わってしまいます)

卵はアミノ酸スコアも高い、優秀なタンパク源ですので、食べられるのであれば、食べさせたい食品です。

全卵を薄焼き卵にしていき、少しずつ小分けに冷凍しながら食べる量を増やしていくとすすめやすいのではないでしょうか。

錦糸卵

参考文献)
鶏卵アレルギー発症予防に関する提言,日本小児アレルギー学会2017
食物アレルギー児の食事と治療用レシピ 診断と治療社2014

アドバイザー養成講座案内

プロから選ばれる講座
経験豊富な管理栄養士が、わかりやすく要点をお伝えします。

 妊産婦食アドバイザー 離乳食アドバイザー
 幼児食アドバイザー 学童食アドバイザー