日本の食卓をもっと元気にもっと笑顔に
最新記事

コラム

アレルギーでも食べられる!アレルゲン除去の市販のお菓子を探せる役立ちアプリ

「卵アレルギーでも安心して食べられる市販のお菓子は何があるか?」と考えたことはありますか? 集団給食をしている人なら、何個かリストアップできるものの、いつも同じものばかりになってしまいがちですね。 また、もっと身近なこと …

アレルギーチェッカー

緑茶うがいの効果:赤ちゃんにいつから緑茶OK?

生活に取りいれたい緑茶の効能「緑茶うがい」 緑茶には、様々な身体に良い効果があることをご存知ですか? 大人の場合は、肥満や糖尿病に対する効果の研究がいろいろされていますが、 子どもに対しては、飲むというよりも、緑茶でうが …

緑茶 赤ちゃん いつから

【受講生の声】日比野まりなさん(妊産婦食アドバイザー)

日比野まりな さん (妊産婦食アドバイザー) 管理栄養士  奈良県 Q.どんなお仕事をしていますか? A.病院管理栄養士時代には主に生活習慣病や腎臓病、透析の患者様への栄養指導を担当しました。 高齢者施設では約200名の …

日比野まりな

手づかみ食べ スティック野菜はいつから?

手づかみ食べは、早いと9か月くらいから始まり、およそ1歳になると多くの子どもが始めます。 「手づかみ食べの食材=スティック野菜」をまずイメージされる方が多いのではないでしょうか。 生のスティック野菜を大人は食べますが、手 …

スティック野菜

今と昔の離乳食の違い ~離乳食指針の変遷

栄養士、管理栄養士、保育士など、学校で「離乳食」を学んでそのまま現在に至る方はいませんか?つい日々の仕事に追われ学びが止まりがちですよね。昔の考えと今の考えが違うのだと、再確認してみませんか? 「日本の食卓をもっと元気に …

離乳食の勉強

気を付けたい 乳幼児におけるイオン飲料 の飲みすぎ

イオン飲料はどんな時に必要なの? イオン飲料は、電解質を含む飲料のことで、浸透圧が調整されているため、素早く体内に吸収されるといわれていますが、主に糖分を多く含んでいます。他にもスポーツ飲料(スポーツドリンク)とも呼ばれ …

風呂上りの水分補給

【受講生の声】幼児食アドバイザー 伊藤織恵先生(こどもの歯科 院長)

伊藤織恵 先生 (幼児食アドバイザー) 歯科医師 :こどもの歯科 院長 東京 Q.どんなお仕事をしていますか? A.東京医科歯科大学小児歯科医院を経て、2010年より祐天寺(東急東横線 祐天寺駅 徒歩1分)にこどもの歯科 …

赤ちゃんはお餅を食べられる?食べさせたい時のレシピは?

お正月に楽しむ「お雑煮」、地方によって作り方や味付けは様々ですが、お餅がはいるご家庭も多いですね。 お正月料理は家族そろって楽しみたいところですが、おせち以外にも気をつけたい食材のひとつがお餅です。 お餅はいつから? お …

【幼児食アドバイザーのレシピ】電子レンジだけ!3色グラタン

冬の定番ともいえるグラタンですが、みなさんはどうやって作っていますか? きちんと作ると大変なので、電子レンジだけで作ってしまうのもおすすめです。 小麦粉などを使わないので、じゃがいもを軽くつぶし、そこに牛乳を少し加えるだ …

りんごのリース(Chiik掲載レシピ)

3分で読める知育マガジン「Chiik」 で、紹介している、「りんごのクリスマスリース」です。 シナモンなどを振りかけなければ離乳後期からでOK!食べるときはヨーグルトなどとあえてもおいしいですよ。 離乳食アドバイザー 野 …

りんごのリース

子どもの朝ごはん。ちょっとした工夫で食べやすく!

忙しい朝の時間、こどもが朝食を食べてくれないと困ってしまいますよね。だからといって、朝食を抜くなんていうことはできません。朝食はどうして必要なのか、食べない原因、朝食の工夫などを考えていこうと思います。   朝 …

ポケットサンド

【受講生の声】離乳食アドバイザー 小金澤麻理さん

小金澤麻理さん (離乳食アドバイザー) ヨガインストラクター  東京 サンキュ!  ブログ   Q.どんなお仕事をしていますか? A.ヨガインストラクターです。今は、仕事といいますか…妊婦です。 こ …

Mari

【離乳後期】人参と小松菜のそぼろ煮(ベビーカレンダー掲載レシピ紹介)

離乳食アドバイザー®の きのり さんのレシピがベビーカレンダーで紹介されています

【離乳完了期から】卵・乳・小麦不使用のクリスマスケーキ(Chiik掲載コラム紹介)

離乳食アドバイザーでフードスタイリストでもある 野間美花 による記事が 3分で読める育児マガジン「Chiik」に掲載されています。 ぜひ下記よりご覧ください。 Chiik :https://chiik.jp/articl …

幼児期の悩み 好き嫌い、どうやってつきあえばいい??

幼児の食事は個人差が大きいので、型通りになかなか進まないことは、よくあることですが、好き嫌いがあるとやはり心配になりますよね。 幼児期の好き嫌いは、味、臭い、咀嚼、見た目に関係していることなどが考えられます。    苦手 …

【幼児食アドバイザーのレシピ】忙しいときの時短レシピ! ツナとミックスベジタブルのあんかけごはん

仕事に復帰したり、下の子の妊娠出産があったりと、何かと忙しい時期になりやすいのが、2-3歳児のころ。 そういうことだけではなく、子どもを連れて外出する時間も長くなることもしばしばあったりもして、気が付いたらごはんの時間! …

【幼児食アドバイザーのレシピ】野菜たっぷり米粉のシチュー

こんにちは。皆さんのお子さんはお野菜大好きですか? 最初は好きだったのに、苦手になっちゃって・・・という人はいませんか? 子どもたちに野菜をたくさん食べさせたいと思ったら、シチューがおすすめです! とはいえ、シチューって …

【幼児食アドバイザーのレシピ】お鍋からとりわけOK!野菜たっぷり幼児食

11月24日は和食の日だそうです。 でも幼児期の子どもに和食ってあまり人気ありませんよね。 和風だしのうまみを教えてあげたいのになかなかうまくいきません。冬だとお鍋からとりわけをしたくなりますが、なかなか食べてくれない子 …

簡単でかわいいフルーツカッティング(Chiik掲載コラム紹介)

離乳食アドバイザーでフードスタイリストでもある 野間美花 による記事が 3分で読める育児マガジン「Chiik」に掲載されています。 母子栄養協会は 中央果実協会の「毎日くだもの200g」の運動を推奨しています。 ぜひ下記 …

【会員専用】 活動の場03:ママや栄養士目線が生きるかも?

食や栄養、ママなどのキーワードで活躍されたい方に 活躍の場のご紹介です ーーーこのページは会員専用です。メールマガジンにあるパスワードを入力してくださいーーー――――――――――――――――――――――――――――――― …

« 1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 母子栄養協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.