バーベキューを楽しむには絶好の日よりとなってきました。家族やお友達とバーベキューを楽しむ乳幼児連れのご家族もいることでしょう。

今日は、そんな時にちょっとだけ気を付けたいことがあります。

 

バーベキュー等のときは特に下記のようなことに注意をしましょう。

1.土を触った手は洗いましょう

土には様々な菌がいます。また、その中には糞などもあるかもしれません。
ボツリヌス菌やトキソプラズマなどをはじめとしたさまざまな菌がいますので必ず手を十分に洗うようにしましょう。トキソプラズマは、トキソプラズマ原虫が引き起こす人と動物の感染症です。
特に、妊婦さんの場合、妊娠中に初感染し胎児への感染が起こると、流産、死産につながる場合がありますので、注意が必要です。

2.野菜などはよく洗い、肉はよく加熱しましょう。

意外とみすごちがちな野菜ですが、土や菌がついていることがあります。また、肉は十分に加熱してから食べるようにします。
生肉には腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラ属菌などの菌が存在することがあります。
中心までしっかり火を通してから食べましょう。
特に最近ブームとなっている野生動物の肉を用いた「ジビエ」料理は、しっかり加熱し調理する必要があります。

3.生肉をつかんだ箸やトングで焼けた食材をつかまないようにしましょう

生肉を切ったまな板などで切らないようにするなど、衛生面での配慮が必要です。他にも、生肉をつかんだ箸やトングで食材をつかむなどしないようにしましょう。生肉を扱う調理器具と、そうでないものは分けるようにしましょう。

ちょっとした心がけで感染は防げます。
楽しいイベントにするためにも、このポイントを忘れないでおきたいですね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+