寒くなってくると、みかんのおいしい季節が始まります。
みかんのいいところは、ナイフなどを使わずに手でむいただけで食べられるところですよね。
みかんを家族みんなで食べてほしいので、みかんの栄養と、みかんをいつからあげていいのか、そのタイミングやポイントについてまとめました。

みかんの栄養

みかんには、風邪の予防や免疫UPに役立つ「ビタミンC」の他、疲労回復や便秘解消効果のある「クエン酸」も含まれています。袋や白い筋には、食物繊維などが含まれています。
49923ac4e3e67cd725e5c7c99194b549_s

赤ちゃんには いつから?

みかんの果汁は離乳初期(5,6カ月頃~)から、あげることができます。
かなり前には、離乳食を始める前に果汁だけをあげるということもありましたが、今ではその必要はありません。
離乳食はつぶしたおかゆから始め、それになれたら、じゃがいもさつまいもなどの芋類、その次に野菜をすりおろしたものやみかんなどをあげていけばいいでしょう。

みかんの果汁は、そのままあげることができますが、最初は加熱するほうがより安心でしょう。
加熱がいい理由は3つあります。

最初の頃は加熱がおすすめの理由

・衛生面の万全を期す

果汁のしぼり器やこし網が清潔であるかどうかもよく確認しましょう。目地にかすが詰まっていることなどはありませんか?
そのために一度しぼった後に加熱しておくと安心です。

・酸味を和らげる

また、みかんは酸味が強いので、赤ちゃんがびっくりしてしまいます。これも加熱することで少し酸味がやわらぐので、その意味からも加熱がオススメです。

・アレルギー対策

オレンジのほうがアレルギーになる可能性は多いので、みかんは比較的安心です。でも、アレルギーの可能性がないわけではありません。
加熱することで反応をでにくくすることができますので、最初は加熱し、スプーン1さじくらいで様子を見ましょう。

※1回食べて慣れたら加熱はしなくても構いません。

みかんを赤ちゃんにあげるときのポイント

・離乳初期(5・6か月頃~)
みかん果汁・みかん果汁 小さじ1
・湯     小さじ1

みかんの果汁は、少し酸味があるので、加熱するか、同量のお湯で薄めると、初めての赤ちゃんでも飲みやすくなります。

・離乳後期(9か月頃)以降

離乳食のあいだ(1歳半ごろまで)は、皮とすじをとって実をだし、適宜食べられる大きさに切り分けましょう。
袋や白い筋は食物繊維が多すぎるためです。

小さめのボウルにのせ、ティースプーンなどできりわけると、つぶれてしまった果汁も飲むことができるのでオススメです。

量の目安としても、安全面でも、丸のままあげて食べられるようになるのは、成長にもよりますが、2才以降でしょう。
すじは食物繊維が多すぎるので適宜むいてあげます。自分でむくことも覚えたら楽しいですね。

家族みんなでみかんを食べて「おいしいね」と言い合えたら、冬の寒さも飛んでいきそうです。

★お知らせ★資格を取得してみませんか?
★離乳食アドバイザー養成講座
★妊産婦食アドバイザー養成講座
メールマガジン登録で、デジタル小冊子「卵はいつから?」ダウンロードプレゼント