離乳食を食べる赤ちゃんもいれば、食べない赤ちゃんもいるので、悩んでしまいますよね。

今回は、実際に離乳食を食べないで困っている親御さんへのアドバイスの例をお伝えします。

アドバイス側にたつ人も、育児に悩むママさんも、是非お読みください。

離乳食アドバイザー

 

離乳食を食べない赤ちゃんにアドバイスしたい7つの要点

1.まず離乳食を作っている状況を聞く

「ママ・パパが頑張って作っているのに、食べてくれない」となってしまうと、作る気がなくなってしまうことがあります。
まずはその苦労をねぎらって、作っても食べてくれないことに共感します。(だって大変なんですもの。そりゃ悲しいですよね)

状況によっては、がんばって作りすぎているがゆえに、その合間にベビーせんべいやバナナ、ミルクなどでごまかしてしまっていることがあります。
それではごはんは食べられないので、そのような状況も簡単にヒアリングできるといいです。

2.発育曲線をチェックする

発育がパーセンタイル曲線に沿っているか、発育が滞っていないかを確認します。もし、発育がずっと横で2-3ヶ月体重が増えていない場合はお医者さんに聞いてみるといいかと思いますが、小さくても発育曲線に沿って増えているようであれば問題ありません。

3.何ヶ月か聞く

生後8ヶ月くらいまでは、「食べる練習」なので、少しでも食べられればOKといっていいでしょう。量が足りないとママ・パパが焦って悲観するよりも、食べたという喜びを多く経験していくことが大切です。いろいろな食材を試しながら、固さやとろみなども考えながら、今日は食べた食べない。。。というのを楽しんでいくことが大切です。

母乳をあげていれば栄養は足りていると思っていいのは、このあたりくらいまで。生後6ヶ月くらいから母乳に含まれる鉄分やタンパク質がどんどん少なくなっていきますので、少しずつごはんに切り替えていかなくてはいけません。

ちょうど鉄分のストックもなくなる時期なので、しっかりと食べ物から鉄分やタンパク質をとっていく必要があります。
5.6ヶ月頃は食べる練習、7-8ヶ月頃は少しずつ栄養が補えるように、9ヶ月からは3食食べていきたい頃だと思っておいてください。

9ヶ月以降、3回食になってくると、さすがにしっかりと食べ物で栄養を補っていきたいところです。小食なので、そこまで回数を増やせないという悩みも聞きますが、小食だからこそ、3回食にしましょう。1回の量は少なくても構いません。食事のリズムをつけていくことが大切です。

4.お腹を空かせているか

母乳だと離乳食をあげる前にすぐあげてしまったり、反対にミルクだとつい一気にたくさん飲ませてしまったりと、実はお腹が空いている時間に母乳やミルクをあげてしまっていることがあります。
ごはんの量をたくさん食べさせたいなと思ったら、赤ちゃんのお腹がすくように、授乳間隔をあけてみましょう。また、お散歩にでかけたりして気分をかえたり、おもちゃであそんだりしてゴロゴロと動かしてみたり、ベビーマッサージなども効果があるかもしれません。

5.ママ・パパが最初は1さじから にこだわりすぎていないか

はじめてあげる食材は1さじからで、次は2さじ、、、とこだわるママ・パパは多いです。

たしかに、アレルギーが出やすい物は、最初は1さじからあげましょう。

1さじというのは、ベビースプーンで3-4さじのことなので、食べたそうにしていたら、このくらいまではあげることができますし、アレルギーの可能性の低い野菜類などは、この限りではありませんので、1さじから というのは、アレルギーがでやすいものだけにしてもいいかと思います。

6.固さはあっているか

だいたいの固さの目安として、

・生後5,6ヶ月は ヨーグルト状
・7,8ヶ月は   豆腐くらい
・9-11ヶ月は バナナくらい
・1歳-1歳半は 肉だんごくらいの固さが目安です。

いつまでもドロドロしていたりすると、赤ちゃんが食べなかったりすることもあります。ぱさぱさしていると飲み込むタイミングがわからないことがあるので、とろみをつけてあげるのもいいでしょう。

7.食べたくなるようなシチュエーションを作りましょう

手づかみで自分で食べさせると食べてみたり、スプーンより手のほうが食べたりすることはよくあります。
(反対に手づかみを嫌がり、食べさせてもらう方が好きな子もいます)

食べ物だけをだしておいて、ママ・パパが一緒に美味しそうに食べるところをみせるだけで放っておくと食べてくれることがあります。
赤ちゃんだけのご飯タイムにせず、食卓が囲めるといいですね。ママ・パパの美味しそうな顔をいっぱいみせてあげましょう。

 

さいごに

「ごはんの量はどのくらい?」「必要な栄養素は?」と気になることも沢山あり、ついインターネットで検索しまう時代ではありますが、どうぞお子さんの様子をよくみて考えてみてください。

今日はどのくらい動いたかな?暑くないかな?寒くないかな?

このスプーンは食べやすい? などなど赤ちゃんの気分やごはんのちょっとした変化で同じものを食べたり食べなかったりしていきます。 そのようなことで確かに一喜一憂してしまいがちですし、それも良いのですが、少しでも食べたら一緒に喜んで、食卓を笑顔にすることが、何よりの解決策になっていくことでしょう。離乳食は親と子の食卓作りの始まりに過ぎません。

いろいろなトライアンドエラーを繰り返しながらも、みんなが「美味しいね」とパクパク食べていることで、赤ちゃんもそのうちに並んでパクパク食べてくれる日が来ることでしょう。