離乳食のおかゆの進め方:7倍がゆは必要?

「7か月になったのですが、7倍がゆにしたほうがいいですか?」
といった質問がよくあります。

確かに多くの雑誌や本には、7か月から7倍がゆと書いてあります。

7倍がゆとはどのようなものなのでしょうか、本当に必要なのでしょうか。

厚生労働省が指導しているおかゆの目安

日本では、離乳食に関する目安「授乳・離乳の支援ガイド」が厚生労働省から発表されています。
これをみると、

米がゆは乳児が口の中で押しつぶせるように十分に煮る。初めはつぶしがゆとし、慣れてきたら粗つぶし、つぶさないままへと進め、軟飯へと移行する

としています。

授乳離乳の支援ガイド2019

表にあるのは、「つぶしがゆ」「全がゆ」「軟飯」「ごはん」だけです。

おかゆの区分

進め方の表をみても、「つぶしがゆ」の次は「全がゆ」となっており、「10倍がゆ」「7倍がゆ」「5倍がゆ」などの表記がないのがわかります。

しかし、「全がゆ」というのは「5倍がゆ」のことです

つまり、7倍がゆ は、厚生労働省が推奨しているものではなく、雑誌や本などにおいて、さらにわかりやすく解説するための目安にすぎません

ですから、あまり厳密に「7倍がゆ」を考えすぎる必要はありません。

表をみると、離乳中期から全がゆと書いてあるので、離乳中期は全がゆ(5倍がゆ)です。

おかゆのすすめ方

まとめると…

・10倍がゆをつぶしたもの(5・6か月頃で初めて1か月くらいまで)
 ↓
・10倍がゆをつぶさずそのままのもの(5・6か月頃で初めて2週間くらいたったら)
 ↓
・10倍がゆから少し水を減らしていったもの
 ↓
・全がゆ:5倍がゆ(7か月頃~)

とステップアップしていきましょう。

はじめてのおかゆ「つぶしがゆ」

最初は「つぶしがゆ」です。明確な区分はありませんが、10倍がゆ(米1:水10)をつぶしたものをあげるくらいがいいでしょう。

<10倍がゆ>
お米1に対して水10の割合なので、
・米 大さじ1
・水 150ml
になります。

なるべく小さなお鍋でふたをして作りましょう。

米とお水の割合

仕上がりは、粒がなく、どろっとしたポタージュやヨーグルト状になればOKです

できあがりがとろみがきつそうなら、お湯を少し足したりして調節することも必要です。

そこから少しずつ、スプーンなどで軽くつぶしたものをあげてみるなど半つぶしを試し、離乳食をはじめて1カ月くらいすぎたら、徐々につぶさないおかゆをあげてもいきましょう。

そこから少しずつ水の量を減らしたりして、様子をみていき、9カ月頃になったら一度、全がゆ(5倍がゆ)を目安として作ってみてもいいかと思いますが、あくまでも目安です。おかずでいろいろな食感なども経験するので、水の分量などにシビアになりすぎなくてもいいでしょう。

赤ちゃんが丸のみしていないか、飲み込みにくそうにしていないかなど、個々の赤ちゃんの状況をみて進めていきましょう。

【参考URL】
離乳食のおかゆ(つぶしがゆ、10倍がゆ) 炊飯器での作り方


(動画でわかる)10倍粥の作り方

プロフィール

川口由美子
川口由美子
一般社団法人 母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師
All About 「離乳食」「幼児食」「妊娠中の食事」ガイド

女子栄養大学 卒(小児栄養学研究室)。企業にて離乳食の開発を行ったのち独立、管理栄養士として多くの離乳食相談を聞き、母親に寄り添った講演会を開いている
◆仕事依頼はこちら◆もしくはTwitterやFBからもどうぞ