【妊婦食】レバーの甘辛煮をリメイク!レバーペースト レシピ

効率よく鉄分補給するならレバーはおすすめ!
レバーの甘辛煮は妊婦さんの定番ともいえますね。

レバーの甘辛煮をリメイク!レバーペースト

余ったレバーの甘辛煮が大変身させてみましょう!
カロリーも気になる時期なので、
なめこを使って、バターOFFのヘルシー仕立てにしました。

レバーの甘辛煮に飽きたら、是非どうぞ!
なめこ入りでも、パンのお供にもなりますよ

レバーは鉄分を考えたら、多くとりたい食材ではありますが、ビタミンAも多く含むので、妊娠をしたら妊娠3カ月までは毎日レバーを食べるといった、偏った食生活は控えましょう(毎日でなければOKです)

材料

レバーの甘辛煮 100g
たまねぎ    1/4個
なめこ     1/4袋(25g)
バター    10g
Aこしょう 少々
A赤ワイン 大さじ2
塩適量
お好みで、乾燥ハーブ(私はタイムを使用)適量(5-10振りくらい)

作り方

1.たまねぎは2㎝角くらいのざく切りにする。
2.バターを熱したフライパンでたまねぎをしっかり炒めたら、なめこを入れ軽く炒め、レバーの甘辛煮とAの調味料も加えて炒める。
3.2をハンドミキサーまたはフードプロセッサーに入れ、お好みで乾燥ハーブをふり、なめらかになるまで攪拌する。
4.味をみて塩で味を調える。

コツ・ポイント

効率よく鉄分補給するならレバーはおすすめ!
ただしビタミンAという栄養素の関係上、妊娠をしたら妊娠3カ月までは毎日レバーを食べるといった食生活は控えましょう(毎日でなければOKです)

プロフィール

長有里子
長有里子
sazukaru主宰
「授かるごはん講座」として妊活のためのごはんをレクチャーしている。
(一社)母子栄養協会 妊産婦食アドバイザー代表講師

自身の不妊経験をもとに、妊活、女性のホルモンバランスと栄養、妊娠期などの食事を研究。
書著に「生殖専門医と妊活栄養士が導く 授かるための2人の生活術(講談社)」

アドバイザー養成講座案内

プロから選ばれる講座
経験豊富な管理栄養士が、わかりやすく要点をお伝えします。

 妊産婦食アドバイザー 離乳食アドバイザー
 幼児食アドバイザー 学童食アドバイザー