気を付けたい 乳幼児におけるイオン飲料 の飲みすぎ

イオン飲料はどんな時に必要なの?

イオン飲料は、電解質を含む飲料のことで、浸透圧が調整されているため、素早く体内に吸収されるといわれていますが、主に糖分を多く含んでいます。他にもスポーツ飲料(スポーツドリンク)とも呼ばれたりもしますが、ここではほぼ同義と考えて記述します。

乳幼児用として売られているものとして「ベビー用のイオン飲料」などもありますが、それも薄く調整してあるものの、糖分を含むので同義と考えます。

似ていますが、違う言葉として「経口補水液」があげられます。

経口補水液は、食塩とブドウ糖を混合したものですが、必要以上の糖分を追加していません。

主に乳幼児に、経口補水液が有効なケースとしては

・下痢や嘔吐、発熱時
・暑い日の外出や運動後など脱水が疑われる場合

などがあげられます。

風呂上りの水分補給

入浴後は、こまめに水を摂取する程度でよい

しかし、経口補水液では糖分が少なく、おいしくないため、イオン飲料を摂取してしまうこともあるでしょう。

イオン飲料は、どこでも手に入りやすく、また経口補水液に比べて糖分もあるので飲みやすい(味がおいしい)点といえます。

経口補水液のイオン飲料とを区別にしたい点としては、この糖分量の違いです。この2つは別ものであることをしっかり理解し、イオン飲料は必要な時期に適量のみ飲むようにしましょう。

見直したい「イオン飲料」を飲むタイミングと量

「入浴後などに脱水するからイオン飲料がいいんですよね?」という質問を受けたりします。
たしかに水分補給が必要なタイミングとしては、
さきほど挙げた
・嘔吐、下痢、発熱時
・暑い日の外出や運動後など脱水が疑われる場合
のほかにも、
・入浴時
・朝起きたとき

なども挙げられます。

しかしながら、後者の場合は、水が最適であり、前者の2つの場合であっても、こまめに水・塩分、経口補水液がいいでしょう。

イオン飲料ではなく、経口補水液になりますし、また、なるべく一度にたくさん飲むのではなく、こまめに摂取することが望まれます。
イオン飲料を多量に飲むことのないようにしたいものです。
目安量としては、乳幼児の場合は、1日に200ml程度を上限としたいものです。

イオン飲料を必要以上に飲むとおきる「ビタミンB1欠乏症」

イオン飲料は経口補水液とは違うということを説明しましたが、何が問題なのでしょうか。

近年、イオン飲料をたくさん飲みすぎることによる、乳幼児のビタミンB1欠乏が問題視されています。本来、糖分を分解するのに、ビタミンB1も必要なのですが、イオン飲料には、このビタミンB1が入っていないので、ビタミンB1が欠乏するのです。

ビタミンB1欠乏は、「脚気(かっけ)」などで知られるように、歩きにくくなったり、手足のしびれやむくみといった神経症状がでます。

重症化事例としては、2歳ごろまでの乳幼児が母乳や食事をあまり摂らず、イオン飲料をたくさん飲んだ場合、ビタミンB1が減少しすぎてウェルニッケ脳症をひきおこした事例が複数報告されています。治療しても場合によっては知的障害や麻痺などが残るので是非ともに防ぎたいものです。

これらの事例はいずれも、2歳ごろまでの乳幼児であり、ほとんど食事や母乳をとらずにイオン飲料だけであり、その量もとても多く1日1-2リットル飲んでいる場合が多いことから、極端ともいえるでしょう。
しかしながら、複数例報告されていることから、今一度考えなければならないのです。

イオン飲料

幼児でもペットボトルのイオン飲料を飲み切ることのないようにしたいものです

イオン飲料を長期間飲まないこと!

嘔吐・下痢・発熱時であり、ほとんど食べ物が摂取できないような場合は、あまり一度に飲んでもまた嘔吐してしまったりして逆効果なこともあります。経口補水液を、乳幼児であればスプーンで飲む程度の少しずつ、それをこまめに摂取しましょう。(大人であってもこまめに摂取)

もし、味がうけつけないという場合には、イオン飲料で代用してしまうこともあるかと思います。そのような場合には、あくまでも少しずつであり、なおかつ1日200ml以内としてあげるようにします。
なおかつ、それを数週間飲み続けることのないよう、症状がおさまったらすぐに中止することが大切です。

入浴後や暑い日の外出などであり、他に食べ物などを摂取できる状況であれば、水分補給は乳児なら母乳、母乳が終われば白湯(さゆ)や麦茶で構いません。

ミネラルバランスを壊すのではないかと疑問になる方もいるようですが、この程度の日常の中でなおかつご飯も食べているようであれば、極端なミネラルバランスを崩すこと(水中毒など)は起こりません。

イオン飲料は嗜好品と考え、飲みすぎることのないように注意しながら、適量を楽しむよう心がけましょう。

 

【参考文献】
奥村 彰久「イオン飲料水の多飲によるビタミンB1欠乏症」,第12回 子どもの食育を考えるフォーラム
奥村ら「イオン飲料水の多飲によるビタミンB1欠乏症」日本小児科学会雑誌121巻5号(2017年)
厚生労働省 「熱中症予防リーフレット」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/nettyuu_leaflet26.pdf
平木彰佳ら「イオン飲料の多飲によるビタミンB1欠乏症からWernicke脳症を発症した2例」(2014年)

【最後に】
本件は、日本小児医療保険協議会栄養委員会主催 「第12回 子どもの食育を考えるフォーラム」内での「イオン飲料水の多飲によるビタミンB1欠乏症」を拝聴し、「メディアを利用し」、本件を「一般的に広く認知」することが必要とうかがいましたので、記載いたします。今後このような事例が減りますことを祈ります。

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら

フォローしてください

アドバイザー養成講座案内