白身魚はいつから食べられる?

離乳食をはじめて、おかゆや野菜などを1か月食べたら、白身魚を始めることができます。
つまり、生後5か月頃から離乳食を始めたとしたら、6か月くらいから赤ちゃんにあげることができます。

<魚を食べられる目安>
・白身魚(しろ)… 離乳初期から1か月くらいたってから(生後6ヶ月以降)
・赤身魚(あか)… 離乳中期(7、8ヶ月)以降
・青魚(あお) …離乳後期(9ヶ月~11ヶ月)以降

鮭は白身魚に分類されますが注意が必要

鮭、離乳食のために取り分けおかゆや野菜に慣れたら、タンパク 質は、豆腐からはじめて次は白身魚にします。

鮭は分類としては白身魚に入るので、この考えでいくと生後6か月から食べさせることができそうですが、
鮭は少し脂(あぶら)があるので、離乳中期からがおすすめです
離乳初期のときは一般的な白身魚(タイ、カレイ)から始めましょう。

<おすすめの白身魚>
・タイ
・カレイ
・ヒラメ

白身魚といえば、タラを連想しがちですが、タラはアレルギー症例が多くみられるので、もう少し後からはじめるようにします。

サーモンは鮭と同じ?

サーモンと鮭は同じ?

時折みつける「サーモン」というもの、気になりますよね。

サーモンと呼ばれるものは、ニジマスです。とはいえ、一般的に海で育てば『サケ』、川で育てば『マス』とされていわれていて、元はとても近しい品種です。
本来、和名での区別は、
 ・ニジマス   …サーモントラウトやスチールヘッドトラウトなど
 ・カラフトマス
 ・サケ     …シロサケ、アキサケ、アキアジ
 ・ギンザケ
 ・マスノスケ  …キングサーモン
 ・ベニサケ
 ・タイセイヨウサケ…アトランティックサーモン
などにわかれています。

スーパーなどでよくみかけるサーモントラウトは、ニジマスを海で養殖したものです。一時期は鮭と表記せず、ニジマスと書くようにと指導がありましたが、今は鮭フライなどと表記ができるようになり、海で育ったニジマスは鮭と表記可能となっています。
アトランティックサーモンは海外で養殖された鮭で、色がちょっと薄いのが特徴です。

離乳食にサーモンは大丈夫なのか

サーモンなのか鮭なのかの区分よりも、脂が多いなと思ったら離乳後期からにして、中期のうちは脂の少ない物にしましょう。

脂が多いかどうかは、切り身など表面がテカテカと虹色に光っていたりするのでみるとわかります。
そのような魚は、離乳後期から加熱してあげるようにすると安心です。
また養殖サーモンは、海外の養殖環境ゆえに危険だという説*も聞いたことがあります。
その真偽はわかりませんが、あげるかあげないかという判断というよりも、同じものばかりを食べすぎることなく、週1回程度にとどめておくなど、ちょっとした配慮でもいい*のではないでしょうか。(*私見)

鮭を離乳食であげるときの注意点

離乳食では、塩を使っていない生鮭(またはサーモン)を使いましょう。
生鮭(生ざけ)は、「ムニエル用」などの名前が付けられていたりもします。
塩ざけは、甘塩であっても塩が強いので避けられるといいでしょう。もしどうしても塩鮭しかないときは、茹でこぼすといいですよ。
加工品の鮭フレークは、添加物が入っていないかどうかしっかりみてください。鮭と塩だけのものもありますので、そのようなものであれば、塩分を茹でこぼせば完了期くらいから使えます。

通常は「刺身用の魚を調理して離乳食に使うと便利ですよ」とアドバイスしますが、鮭の刺身はトラウトサーモンがほとんどで脂分が多すぎるので、離乳後期から加熱して使うようにしてくださいね。

お刺身として食べるのは3歳以降にしましょう。

【参考資料】
消費者庁 別添 魚介類の名称のガイドライン」
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/guideline_b.pdf

ニジマスで「サケ弁当」OK 日本経済新聞 2014年3月28日

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら