【離乳食】水切りヨーグルトの作り方

生クリームは1才をすぎたらほんの少しだけあげることができますが、生クリームはほとんど油なので、離乳期にはできるだけ避けたいものです。(以前の記事「生クリームはいつから」参照)

水切りヨーグルトとは

生クリームの代わりにオススメなのが、水切りヨーグルトです。

特に乳幼児にオススメですが、ちょっと甘い洋菓子が食べたくなるお母さんも、ぜひ一緒に楽しんでください。

水切りヨーグルトの利点

ヨーグルトのままよりも、固くなるので生クリームのように成型できます。泡立てる手間もいらないので、便利です。

また、和え物にも最適です。

水分がほどよく抜けるので、食材と絡みやすくなりますので、離乳食期では食べにくい葉物(ほうれんそう等)も食べやすくなります。

水切りヨーグルトの作り方①

ざるとボウル

① ボウルの上にざるを乗せ、その上にクッキングペーパーを敷き、ヨーグルトをのせて、40分ほどおいておきます

ホエイ

②ボウルに水分がたまり、ヨーグルトが好みの固さになったら、ざるから上げます。まだ足りないようだったら上から重しを置いてもいいでしょう。

水切りヨーグルトの作り方②

少量のときはコーヒーフィルターで作るのも便利です

水切りヨーグルトの作り方③

ヨーグルトを耐熱容器に移し、ラップをせず、電子レンジで約2分加熱してから、加熱したヨーグルトをコーヒーフィルターで濾すと早くできます。水切りヨーグルト コーヒーフィルターver②

 

水切りしたヨーグルトを使った1才のお誕生日レアチーズケーキレシピもご一緒にどうぞ

Photo by 野間美花