受験シーズン到来!大学センター試験が終わりいよいよ、中学受験の時期が始まりだしました。
試験本番、緊張のあまりにテストに集中ができない、大事なテストで不注意なミス・・・そのようなことは避けたいですよね。
十分な実力がだせるように、受験当日の朝のお食事のちょっとした工夫をしてみましょう。

朝食をとるタイミング

試験開始3時間前には朝食をとることがおすすめです。
3~4時間あれば、緊張していて普段より胃腸の働きが低下していたとしても、試験時には消化や分解を経て、脳のエネルギー源として使える時刻となります。9時から試験の場合、6時頃に朝食をとるとよいでしょう。

脳のエネルギーとして摂りたい栄養素とは?

脳は寝ている間にもエネルギーを使い続けていて、朝にはエネルギー不足となります。そのため、エネルギー不足の状態では、集中力が持続しない、注意力が落ちてしまいます。 脳のエネルギーに素早くなるものは、炭水化物(ごはん・パン・麺類など主食類)ですが、炭水化物だけではエネルギーとして使われません。効率よく炭水化物をエネルギーに変えるために、ビタミンB1の多い食品(豚肉・大豆・海苔・ごまなど)も一緒に食べることが大切です。
ごはんに海苔やごまをかけて一緒に食べるというのなら、簡単にできますね。

豚肉や根菜類をいれた豚汁は体も温まって、栄養もとれるのでオススメ。これ一杯とおにぎりでOKなのも朝にはうれしいですよね

食べやすい朝食を

体を目覚めさせるように温かいみそ汁やスープは、脳と体を動きやすくしてくれるのオススメです。また、緊張のあまり食が細くなる場合も考えられます。そのようなときには、簡単に食べられる工夫をしてあげましょう。例えば、おにぎり、サンドウィッチ、具沢山の炊き込みご飯、どんぶり系にすると気軽に食べられます。彩りよく盛り付けすると、さらに食欲が増してきます。

避けたい食品

緊張すると消化能力が低下します。普段では何ともない食品でも、食あたりを起こす可能性もありますので、生卵・刺身・生野菜・牛乳などの生ものは避けましょう。
受験生のいるご家庭のご父兄は、常にお子さんをサポートされてこられたかと思います。
試験日当日の朝食は、お子さんへの最後のサポート。朝食のバランス・タイミング・内容を考えてみてくださいね。

★2/27 「みんなおいしい幼児のおやつ教室」 

★メールマガジン登録でデジタル小冊子「卵はいつから?」PDFプレゼント

一般社団法人 母子栄養協会にはさまざまなライフステージにあった栄養を学べる各種アドバイザー講座があります。
http://boshieiyou.orghref=”http://boshieiyou.org/%E8%B3%87%E6%A0%BC%E5%8F%96%E5%BE%97%E8%AC%9B%E5%BA%A7/gakudousyoku”>
母子栄養協会では、小学生(児童)のライフスタイルにあった塾弁やスポーツ栄養をわかりやすく教える「学童食アドバイザー」を養成しています。

3/4(土) 学童食アドバイザー養成講座(場所:飯田橋)
>>詳細はこちら

★お知らせ★資格を取得してみませんか?
★離乳食アドバイザー養成講座
★妊産婦食アドバイザー養成講座
メールマガジン登録で、デジタル小冊子「卵はいつから?」ダウンロードプレゼント

認定講師プロフィール

夏目千恵子
夏目千恵子
オフィスCN代表
一般社団法人 母子栄養協会 学童食代表講師
管理栄養士

偏っている塾弁の現実に驚き、簡単で体によい塾弁の普及のために、独立。
幼児食、学童食などを基軸として食のアドバイスを行う。