お悩みQ&A 離乳食の食べムラ

よくある離乳食のお悩みについて、小児栄養学のエキスパートである 管理栄養士が解説します。
あくまでも一例ですが、参考にされてみてください。

Q.食事中にゆっくり座ってくれません(10ヶ月)

赤ちゃんの食べムラをなくそう

A.食事の椅子は、赤ちゃんの足をしっかり足置きにのせられるよう、位置を調節して、おちついて食べられる環境を作ってあげることが大切です。
足がぶらぶらとしていると、集中しにくいからです。一方で、その位置によっては、足台の上に立とうと飛び上がるような仕草を繰り返してしまうことも。足がちょうどつくという程度に調節できるといいですね。

テレビを消したり、おもちゃを片付けたりすることが理想ですが、実際にはおもちゃを片付ける余裕がないことが多いかもしれませんね。

例えばおもちゃから背が向けられるようにリビングのテーブルや赤ちゃんの椅子を、遊び場とは背を向けるように配置しておくのも良いかと思います。

それでも気が散るようであれば、食欲がないのかも。「ごちそうさまだね」と声をかけて食事をさげることを何回かやってみると、食事は集中して食べなくてはということがわかってくれるでしょう。

Q.朝は私も忙しく、赤ちゃんも食べてくれません。それでも食べさせるべきですか?(10ヶ月)

野菜いりパンケーキ

食欲がわきにくい朝は、野菜を混ぜ込んだパンケーキなどもおすすめ

A.そうですね。朝は何かと忙しいものです。
でも、幼児や小学生になったら朝ごはんは習慣的に食べておきたいものですよね。
それまでの間、少しずつでもいいので朝ご飯をどうやったら食べるようになるのか考えていきましょう。

早朝に授乳などをしている場合は、その授乳を白湯などに変更してみてから、少し時間をおいて朝ごはんをあげたりするといいかもしれません。
起きたあと少し動く時間があると食べることが多いので、起きる時間を少し早めにしましょう。

もし食べられない場合でも、バナナやパンケーキなど簡単に食べられるものを少しだけでも用意して、1歳すぎたくらいには「朝ごはんは食べる」という風習を少しずつみにつけていきましょう。朝をしっかり食べることで昼、夜としっかり食べ、生活のリズムがつきやすくなります。

Q.好きなモノしか食べてくれません(1歳)

A.好きな食べ物が出てくる時期です。おなかが空いているときに、好きな食べ物をみせてしまうとそればかり食べてしまうので、最初は、ちょっと苦手なものからあげてみて、最後に好きな食べ物を食卓にならべてもいいかもしれませんね。

でもあまり気にしすぎず「好きな食べ物がみつかってよかった」というスタンスで、その好きな食べ物を上手に利用して、いろいろな食材を混ぜてつかってみたりしてもいいでしょう。
「好きなモノしか食べてくれない」と思うか、「好きな食べ物がみつかった」と思うかでも異なります。
好きな食べ物も次第に変わってくるので、次のブームがくるまで上手にその食べ物を利用していくのもいいですよ。

 

 

プロフィール

川口由美子
川口由美子
一般社団法人 母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師
All About 「離乳食」「幼児食」「妊娠中の食事」ガイド

女子栄養大学 卒(小児栄養学研究室)。企業にて離乳食の開発を行ったのち独立、管理栄養士として多くの離乳食相談を聞き、母親に寄り添った講演会を開いている

アドバイザー養成講座案内

プロから選ばれる講座
経験豊富な管理栄養士が、わかりやすく要点をお伝えします。

 妊産婦食アドバイザー 離乳食アドバイザー
 幼児食アドバイザー 学童食アドバイザー