授乳中のアルコールはどのくらい大丈夫?

年末年始や夏休みなど、親戚や友人と合うと身近になるアルコール。
妊娠中は我慢してたけど・・・という方も多いのではないでしょうか?
今回はアルコールと授乳の関係についてお話ししたいと思います。

アルコールは母乳にでるの?

はい。アルコールは摂取すると急速に母乳へ移行します1)ので、授乳中のアルコール摂取はなるべく避けたいものです。

移行する時間は、飲酒してから30分〜1時間くらいで母乳に含まれるアルコールの匂いがピークになる1)とも言われています。
なるべく飲酒を避けることが望ましいですが、どうしても飲みたい場合は授乳タイミングを事前に考えて、飲酒する直前にあげるなどを考えたいものです。

授乳中はどのくらいお酒を飲んで良いのか

授乳中にアルコールを飲む際、気をつけたいこと

女性は男性よりアルコール分解スピードが遅い2)という話もありますし、授乳中となればなおさら避けた方がいいでしょう。
でも、「絶対ダメ」と言ってしまうとストレスになってしまうかもしれませんので、以下のことだけ守ってください。

◆飲酒するなら守ってほしいこと

・アルコール摂取後2時間は避ける
・母親がアルコールの影響を感じなくなるまで授乳をまつ
米国小児科学会では以上の2点を推奨1)しています。

また、新生児期などは、授乳回数が多くタイミングが難しいので、より一層注意が必要です。飲酒前に母乳を十分にあげるようにしましょう。

飲酒するとお母さんの眠りが深くなり、赤ちゃんの動きや泣き声に気づかないことも・・・
乳幼児突然死症候群(SIDS)などを予防するためにも、飲酒量が多い日の添い寝は避けることも大切です。

授乳中に気をつけたい

 

何をどのくらいなら飲んでも大丈夫?

「どのくらいなら飲んでもいいの?」と回答を求められそうですが、まず、赤ちゃんに移行してしまうことを忘れないでください。

米国小児科学会では、アルコールの許容範囲は0.5g/母親の体重(kg)1)としています。
これだと計算をするとビール500mlほどに値してしまいますので、少し多いかなと思います。

人によって、酔う度合が違うのと同じく、
お母さんによって、お酒に強かったり弱かったり、また体重や体調によっても状況が異なります。

血中濃度で考えるなら、アルコール計算機(WEB)によると、体重50kgの女性が飲んで、2時間ほどでアルコールが体からなくなる量は下記の表のようになります。
 

お酒の種類 飲む量 体からお酒がなくなる時間
ビール(アルコール度数5%) 350ml 2時間12分
発泡酒(アルコール度数3.5%) 350ml 1時間30分
ワイン(アルコール度数 14%) 100ml 1時間48分
缶チューハイ(アルコール度数5%) 350ml 2時間12分
日本酒(アルコール度数 20%) 80ml*
*水をたくさん飲みましょう
2時間0分

アルコール度数はメーカーによってもかなり違いがあるので、あくまでも参考です。

書籍にも「ビールなら350ml 1本くらい、グラスワインなら1杯程度3)とされていることから、この表くらいの量が守れるといいかもしれませんね。

どうしても飲みたい時にはノンアルコールビールや、ノンアルコールの梅酒やカクテルなどを上手に利用するのもいいでしょう。

楽しい場でのお酒は予想以上に進むものです。お酒を飲む時は注意して飲んでくださいね。

 

【参考文献】

1)医師のための母乳育児ハンドブック ,米国小児科学会 著,メディカ出版
)お酒と健康ABC辞典,キリンビール株式会社
3)エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92,堀内成子 他共著,南江堂
4)アルコール計算機 http://hangover.hajime123.net/06.html

プロフィール

渡邉ゆうか
渡邉ゆうか
母子栄養指導士 / 大学三年生
大学で栄養学を学びつつ、母子栄養についても知識を深めている。
将来の夢は、妊娠期から学童期までの食事で大切なことを伝えていき、より良く、楽しく、笑顔の溢れる食卓作りをサポートすること。