楽しい食育実験!雪の日にアイスクリーム作り

​雪をみると、 何を連想しますか?

雪だるま、雪合戦…私ならアイスクリーム作り!

雪に塩を混ぜて、 雪が溶けながらも温度をさげる性質を活かします。

アイスクリームは胃腸を急激に冷やしてしまうため、胃腸がしっかり整っていない3歳未満のお子さんにはあげないようにしましょう。

今回は、幼児から小学生児童(学童期)のお子様に向けての「雪の日の楽しみ方」です

 

雪の日の外でアイスクリーム

【材料】

生クリーム 200ml

卵黄 1個

砂糖60g

【作り方】

1. 材料をすべてボウルなどにいれ、泡立て器などで、よく混ぜ合わせ、蓋つきの保存容器に 小分けにします。

2.雪と塩を大きめのボウルや容器にいれ、軽く混ぜて1の容器をいれ、冬の外など寒い場所に置いておき、1時間置きに容器ごと振ります。

固まったら出来上がりです。

アイスクリームについての注意

*仕上がりまで4時間くらいかかりますので 、お子さまと楽しみながらおまちください。

*塩がはいった雪は冷たいので素手で触らないようにしてください

*アイスクリームはとても冷たいので、3歳未満のお子様にはあげないようにしましょう。

*卵と乳製品を含みますので、アレルギーがある人は控えてください。

お子さまと塩の不思議や水の性質について話しながら、手作りを楽しんでくださいね。

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら

フォローしてください

アドバイザー養成講座案内