母子栄養協会の資格の種類

母子栄養協会の資格講座は4種のアドバイザーと、母子栄養指導士の合計5つの講座があります。

妊活期の栄養や気を付けたいことから、妊娠中に食べていいもの、気を付けたいことを中心に学びます。産後授乳婦に関することも学びます。妊婦さんからのよくある相談事例をもとにアドバイス方法を考えていきます

離乳食の目的や栄養学的理由、口腔内の発達についてをトータル的に学びます。離乳食の本などにみられるような何をどのくらい食べたらいいか、何を何カ月から食べられるようになるのかなどを自分で考えられるようになることを目指します。またよくある相談事例をもとに保護者の気持ちと子どもの成長を考えたアドバイス法を学びます

保育園給食などを事例として、アレルギーや食育について学びます。好き嫌いへの対応方法や考え方、食情報との向き合い方などを学び、基本を中心としつつも家庭においての食教育の難しさを一緒に考えアドバイスできるようにします

自分で食べ物を少しずつ選ぶようになってくる小学生にどうアプローチするのかを考えながら、小学生のからだの発達やさまざまな生活背景を学んでいきます。将来の食習慣を作る上で欠かせない小学生時期を、たしかな食事バランスをたしかな食教育で導きます。

母子栄養指導士は4つのアドバイザー資格を保持した上で、さらにトータル的に学ぶ講座であると同時に起業を目指す講座です

どの講座から受けたらいいですか?

お好きな講座からご受講ください。妊産婦~学童までありますが、その順番などは関係ありません。
2講座同時に申し込みも可能です。

登録商標

また、当協会の資格はすべて登録商標です。当協会で認定された方のみ使用することができます。
他認定機関で取得した場合は名乗れませんのでご注意ください

・妊産婦食アドバイザー(登録商標 第5946206号)
・離乳食アドバイザー (登録商標 第5928643号)
・幼児食アドバイザー (登録商標 第5971008号)
・学童食アドバイザー (登録商標 第5946205号)
・母子栄養指導士  (登録商標 第5928644号)

尚、離乳食・幼児食アドバイザーなどの併記も可能です。

アドバイザー資格の英語表記

・妊産婦食アドバイザー Nutrition Adviser For Mom
・離乳食アドバイザー Nutrition Adviser For Baby
・幼児食アドバイザー Nutrition Adviser For Toddler
・学童食アドバイザー Nutrition Adviser For School Kids
・母子栄養指導士 Nutrition Counselor For Mom and Baby

当協会の資格は、日本の登録商標です。海外での商標登録はしておりませんのでご了承ください。
尚、Nutrition Adviser For Baby and Toddler などの併記も可能です。

海外からご受講の方は、お問合せよりご相談ください。

他の類似講座と何が違いますか?

当協会では、官公庁の発表や指針、学会の最新情報をわかりやすく伝えることが当協会の講座です。
偏った考えではないということが特長かもしれません。
また、わからないことはいつでも相談できる無料質問サポートがあります。

各種SNSで「離乳食アドバイザー」「妊産婦食アドバイザー」「幼児食アドバイザー」などと検索すると、他の方の活動の様子がみえるかもしれません。

当協会の資格は、栄養士や看護師、保育士など施設で働く方が多いため、外部での活動は少ないかもしれませんが、参考になるでしょう。

資格の使用方法

  • 資格の使い方

調理課題と筆記試験の双方に合格した場合は合格となります。

合格されたあとは、
・〇〇食アドバイザー(離乳食アドバイザーなど)
・母子栄養協会認定〇〇食アドバイザー
・母子栄養協会会員

と名乗ることが出来ます。

尚、母子栄養協会〇〇…という社員と誤認されるような表記は利用できません。

履歴書にかけますか?

はい。書けます。〇〇食アドバイザーなどと書くことができます。
是非お使いください。離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザーなどが名乗れるのは、当協会のみとなります。

  • 資格が名乗れない場合

当協会のアドバイザー資格はすべて登録商標のため、合格しないで名乗ることはできません

課題未提出や再提出に応じていない場合は、合格ではありません。
他アドバイザーや協会に迷惑をかける行為をした場合、忠告させていただくことがあります。忠告に応じない場合は資格名を名乗ることを禁止させていただく場合があります

自分で教室を開くことはできますか?

はい。可能です。指導キットなどを購入する必要はありません。

ただし下記のことは禁止とさせていただきます
*協会のロゴの使用
*アドバイザー講座テキストを使った講義
*アドバイザーの育成 はできません。

資格をつかってSNSで書いてもいいですか?

Instagramで資格名(例 #離乳食アドバイザー など)を投稿に入れると無作為抽出で母子栄養協会のアカウントのストーリーでとりあげることがあります。

ただし、母子栄養協会の画像を利用しての投稿は著作権上禁止とさせていただきます。

どなたでも受講可能

母子栄養協会は、ガイドラインや学会などの内容をわかりやすく要点をまとめてお伝えしています。
このため、一般的な資格とは異なり、保育士、栄養士、看護師などの皆様をはじめ、歯科医師や歯科衛生士などの方にご受講いただいております。
しかしその「プロ」の方向は多方面にわたるため、どのような方でもわかりやすいようにご説明しています。

医療や保育などの資格がない方でも、全く問題なくご受講いただけます。

栄養士などの資格がなくても大丈夫ですか?

はい。ご受講できます。全く問題ありませんし、難しいということはないです。

しかし、ご自身のためだけであれば、妊娠食や離乳食などについて知りたい場合には、レシピ本で十分なこともあるかと思いますので、資格だけにとらわれず、レシピ本などをまずはご覧いただくとよろしいかと思います。

・本を読んでもわからないから詳しく勉強したい
・興味があるので深く学びたい
・せっかくなら資格をとって誰かに伝えてみたい

という方にはおすすめです。

内容

どんな内容なのか知りたいです

内容についてはお答えしかねますが、当協会のアドバイザー資格はすべて専門の管理栄養士が、最新の情報をお伝えしています。

内容の質については母子栄養協会のコラムでご判断ください。>>https://boshieiyou.org/category/youjisyokucolumn

課題試験

各アドバイザー講座は、「筆記試験」と「調理課題」の2つがあります。筆記試験はテキストをみながら、講師が当日説明した言葉をもとに記載していきます。調理課題は一般のレシピをみながら作っていただいても構いませんが、その際に講座で話した大切なことがトータル的に守れているかを審査します。

試験はどのようなものですか?難しいですか?

一度で合格しない可能性はあるかもしれませんが、誰でもできるようなものではないと、人に伝えることはできないと考えております。

何度もあきらめずにチャレンジすれば、合格できます。

合格率はどのくらいですか

合格率は算出していませんが、1回目では不合格の方も多くいらっしゃいます。2回目以降何回でもチャレンジすれば必ず合格はするように導きますので、最後まで頑張ってチャレンジしてください。
わからないことがあったら何でも聞いてください。落とすための試験ではなく、ご活躍までのステップととらえてください。

キャンセル・振替

Zoomでの講座は振替可能です。申込受付メールに返信ください。

返金ご希望の場合など詳細は下記よりキャンセルポリシーをご確認ください。

メールが届かない場合

その他

「よくある質問」もあわせてご利用ください。ご不明点がありましたら、右下のチャットもお使いください。