日本の食卓を もっと元気に もっと笑顔に

いまの日本は、 子育てしにくい社会といわれています。

その原因の1つとして、メディアの発達があるのではないでしょうか。
さまざなメディアを通じて、偏った情報や、各家庭の食卓や子育てがみえるようになり、自分はどうすべきか悩むと、よく聞きます。
それらを解決すべく、母子栄養学についてしっかり学べる場を作り、 各家庭に「このままで大丈夫」「そんなこともある」という安心感と 「そのうちこういう風にできたらいいな」というちょっとした向上心 をもってもらうことが、社会的に望まれているのではないでしょうか。

そこで、母子栄養協会は、

「日本の家族がもっと笑顔になる食卓づくりをお手伝いしたい」 という方々に対して、きちんとした母子栄養学を学んでいただく場を提供し、 社会に貢献できるように導く

という理念のもとに設立されました。

代表理事 / 代表講師

川口由美子

離乳食アドバイザー ・幼児食アドバイザー代表講師
川口由美子(管理栄養士)

女子栄養大学 生涯学習講師。雑誌執筆、著書多数。 AllAbout 「離乳食」「幼児食」ガイド。2児の母。

osayuriko妊産婦食アドバイザー 代表講師
長 有里子(管理栄養士)

料理教室Sazukaru代表

39歳で体外受精を経験し、40歳で第一子を出産。
自身の経験から、不妊治療をされている方に向けた「授かるごはん」講座を主宰。
主な実績に「服部幸應先生の1週間ダイエットレシピ」監修、ウーマンExcite「E・レシピ」執筆ほか。

*実際の講義は代表講師とは限らず、当協会の認定講師が行います。

協会概要

法人名 一般社団法人 母子栄養協会
代表理事 川口由美子
従業員数 理事2名、監事1名、代表講師1名、認定講師3名、経営企画室1名、事務局1名、ナレッジ局2名(2018.10月現在)
会員数 670名(2018.10月現在)
業務内容 1.母子指導士、幼児食アドバイザーなど母子栄養に関わる資格認定
2.母子栄養にかかわる教育事業
3.母子栄養に関する情報提供及び出版等
4.前各号に付帯する一切の業務
講演会・研修会への講師紹介、栄養レシピ・コラム執筆者紹介 等
設立年月日 平成28年7月27日
本社所在地 〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目6-9雄山閣ビル4Fガイアモーレプラザ内
キッチンスタジオ 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目10-5 東ビル2階(郵送などはこちらにお願いします)
電話 03-4405-5515
取引金融機関 楽天銀行
顧問税理士 柏木 大吾(柏木大吾税理士事務所
顧問弁理士 荒川 卓哉(アポロ商標特許事務所
沿革

平成28年7月27日 設立

平成29年7月7日 東京都新宿区より現所在地に本社移転

平成30年7月1日 キッチンスタジオ開設

事業内容

企画・プロデュース事業(TV、イベント、園、施設など)

母子のライフステージにあわせた料理教室、講演、イベントの提案

離乳食に関する講演や料理教室、また妊娠を意識した時期(妊活期)からはじめたい食生活講座など、母子のライフステージにあわせた各種セミナーや食に関するイベントを企画し、実施いたします

コンテンツ制作事業

栄養本の監修、レシピ作成、コラム執筆など 管理栄養士や母子栄養指導士(R)など、食の知識が豊富な専門家が母子のライフステージにあった健康的なレシピ制作を行います。
また食や健康に関するコラムの執筆も承ります。 当協会には、本の執筆経験者も受講生(会員)として在籍しております。

監修、レシピ制作、著書 一覧

旬のフルーツで作ろう!食べておいしいクリスマスリース♪(Chiik掲載) 離乳食アドバイザー 野間美花

養成講座事業

母子のライフステージにあわせた知識を提供 食と健康から子育てを支える専門家の育成

離乳食に関する講演や料理教室、また妊娠を意識した時期(妊活期)からはじめたい食生活講座など、母子のライフステージにあわせた各種セミナーや食に関するイベントを企画し、実施いたします。

社内講座や社員研修も、ご好評をいただいております。

栄養士や調理の方々のスキルアップにもお役立てください。離乳食アドバイザー

お仕事のご依頼、ご相談はお気軽にどうぞ

3時間以内の返信をこころがけております。
メールアドレスのお間違えや迷惑メール設定などで返信ができない場合があります。
返信がない場合はチャットボックスをご利用ください。

協会案内

アドバイザー養成講座案内