離乳食の必要性

そもそも離乳食ってなんで必要なのでしょうかね?

baby01

実は、私の研究(離乳食指導と成長の相関)では、離乳食自体は、食べても食べなくても成長に大きな影響を与えません。

では、なぜ離乳食が必要なのか。

それは、食べることの練習 なのです。えぇ…たったそれだけのことです。栄養や食べる量などは、まずは二の次。

とにかく「食べるって楽しいな!」を赤ちゃんに教える時ですので、お母さんも是非それを理解し、楽しく始めましょう。

離乳食を始める目安

離乳食を始める時って「いつから?」と悩みますよね。
実際はじめる前に下記をチェックしてみてください。

・月齢が5~6か月になって、発育が良好で健康状態に特に大きな問題がない
・首のすわりがしっかりしている
・支えると座ることができる
・食べ物に興味がある(親が食べているのを見て、口を動かすなど)
・赤ちゃんのご機嫌が良い日から

特に最後の「ご機嫌が良い日」というのは大切です。風邪気味だったりする時には無理に始めることは避けましょう。

またなるべく午前中にあげるようにしましょう。

これは赤ちゃんの消化器官の働きがよい時間帯であるのと同時に、万一何かその後に異変があっても病院に行きやすい時間だからです。

是非、タイミングのよい時期を見計らって焦らず、赤ちゃんとお母さんのペースで初めてみてください。