離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザー、妊産婦食アドバイザー、学童食アドバイザー及び母子栄養指導士の育成

母子栄養協会について

  • HOME »
  • 母子栄養協会について

日本の食卓をもっと笑顔あふれるものに!

いま、食育や母親の在り方、家族の食卓の在り方などが問題になっています。それらを解決すべく、正しい母子栄養学について、学べる場を作ることが、社会的に望まれているのではないでしょうか。

そこで、母子栄養協会は、

「日本の家族がもっと笑顔になる食卓づくりをお手伝いしたい」

という方々に対して、きちんとした母子栄養学を学んでいただく場を提供し、

社会に貢献できるように導く

   という理念のもとに設立されました。

当協会の資格については、栄養士などの資格がなくても受講することができます。しかし、栄養士や保育士の資格と併せ持つことでさらなる相乗効果が期待できることでしょう。

資格をとっておしまいにならないよう、様々なワークヘルプ体制も整えていく予定です。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

代表理事ご挨拶

こんにちは。
一般社団法人 母子栄養協会 代表理事の川口由美子です。

私は離乳食、幼児食の管理栄養士として18年間、テレビや雑誌、WEBで活動してきまして、ようやく指導、教育の場にたたせていただきます。
思い起こせば、大学生の時に離乳食レストランで栄養士の卵として働いていた頃、実際に目にしてきた多くの赤ちゃん、お母さんの姿やご意見が、今でも私の大きな糧となっています。その頃から考えると、25年。早いものです。

理事の活動経歴はこちら

自分自身の育児経験や、仕事上の育児相談などでたくさんのお母さん方からいろいろなケースのお話をうかがい、学ばせていただきました。
教科書のような知識も大切ですが、教科書どおりではなく、それぞれの方にあった栄養指導こそが本当の指導だとわかりました。
「大丈夫!がんばっているね!次はもう少し変えて、こうやってみよう!」

相談者の悩みを受け止めつつ、次へのステップをアドバイスできるようになんとか伝えられないかと毎回悩んでおりました。

数々の本、雑誌やウェブサイトなどにレシピやコラムを載せることで少しでも伝えられていたら嬉しいのですが、対面でないとうまく伝えられないことがあります。

そこで考えたのは、離乳食や幼児食について詳しく学んだアドバイザーを、より多くのお母さんのそばに配置したいということです。

マスメディアでは伝えきれない、もう少し、実践的で温かみのある食育的指導をできたらいいなと思うのです。

指導というよりも、お母さんのお悩みを聞き、一緒に解決できるような人を育成できたら幸いです。
私はその育成をお手伝いすることで、より多くのお母さんと赤ちゃんに笑顔を与えられたらと思っております。

代表講師一覧>> 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-4405-5515 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 母子栄養協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.