子どもと母親の健康を食卓から考える
最新記事

タグ : 幼児食アドバイザー

【受講生の声】学童食・幼児食アドバイザー 磯村優貴恵さん

磯村優貴恵さん (幼児食アドバイザー 学童食アドバイザー) 管理栄養士 神奈川県 磯村さんのFacebookページ   Q.どんなお仕事をしていますか? A.管理栄養士・料理家・幼児食アドバイザーとして、講演活 …

【離乳完了期から】卵・乳・小麦不使用のクリスマスケーキ(Chiik掲載コラム紹介)

離乳食アドバイザーでフードスタイリストでもある 野間美花 による記事が 3分で読める育児マガジン「Chiik」に掲載されています。 ぜひ下記よりご覧ください。 Chiik :https://chiik.jp/articl …

幼児期の悩み 好き嫌い、どうやってつきあえばいい??

幼児の食事は個人差が大きいので、型通りになかなか進まないことは、よくあることですが、好き嫌いがあるとやはり心配になりますよね。 幼児期の好き嫌いは、味、臭い、咀嚼、見た目に関係していることなどが考えられます。    苦手 …

【幼児食アドバイザーのレシピ】忙しいときの時短レシピ! ツナとミックスベジタブルのあんかけごはん

仕事に復帰したり、下の子の妊娠出産があったりと、何かと忙しい時期になりやすいのが、2-3歳児のころ。 そういうことだけではなく、子どもを連れて外出する時間も長くなることもしばしばあったりもして、気が付いたらごはんの時間! …

【幼児食アドバイザーのレシピ】野菜たっぷり米粉のシチュー

こんにちは。皆さんのお子さんはお野菜大好きですか? 最初は好きだったのに、苦手になっちゃって・・・という人はいませんか? 子どもたちに野菜をたくさん食べさせたいと思ったら、シチューがおすすめです! とはいえ、シチューって …

【幼児食アドバイザーのレシピ】お鍋からとりわけOK!野菜たっぷり幼児食

11月24日は和食の日だそうです。 でも幼児期の子どもに和食ってあまり人気ありませんよね。 和風だしのうまみを教えてあげたいのになかなかうまくいきません。冬だとお鍋からとりわけをしたくなりますが、なかなか食べてくれない子 …

保護中: 【幼児食アドバイザーのレシピ】電子レンジだけ!3色グラタン

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

子どもが喜ぶ、簡単!遠足のお弁当

遠足シーズン到来しました。こどもたちは、お弁当をとても楽しみにしています。 こどもたちが喜ぶお弁当を忙しい朝でも無理なく、簡単に作れたらうれしいですよね。 こどもが喜ぶ!3つのポイント こどもがお弁当箱を開けたところを想 …

幼児向け遠足弁当

幼児のおやつに果物がいい(Chiik掲載コラム紹介)

管理栄養士であり母子栄養指導士でもある シライカヨコ による記事がChiikに掲載されています。 中央果実協会の「毎日くだもの200g」の運動を推奨しています。 ぜひ下記よりご覧ください。 Chiik :https:// …

果物

手づかみ食べ、本当に必要? いつから?

離乳食の「手づかみ食べ」って必要? 「手づかみ食べ」とひとことでいってしまいますが、 食べ物を目で見て→つかみとる→口に運ぶ→味わう といった一連の動きは、その流れにとても大きな意味があります。 目で見る・・・食べ物だと …

赤ちゃんの水分補給 飲まない時どうする? 量はどのくらい?

夏は汗をたくさんかくので、水分補給はしっかりしたいですよね。 まず、気を付けて欲しいのは、母乳をあげているお母さんの水分補給です。 水分をしっかりとらないと母乳の出に影響しますので、この時期はいつもよりもさらに水分補給を …

赤ちゃんと子どもの防災対策を考える

赤ちゃんがいるご家庭では、毎日の生活がやっとでなかなか防災まで考えられないという方もいらっしゃるかもしれません。 反対に、少し前に防災リュックを作ったけれど、おむつのサイズは大丈夫かしら?という方もいるかもしれませんね。 …

2017年9-10月開催日程 東京/大阪/静岡

(***こちらは最新ではありません。2017年日程はこちら) 多くのお問合せありがとうございました。 お待たせしてしまいまして大変申し訳ございません。 以下のとおり9-10月日程を決定いたしましたのでご連絡いたします。 …

梅雨時、夏の子どもの風邪に水分補給を

夏にみられる乳幼児に多い発熱とは 梅雨どきや夏になると、幼児や低学年に多く見られるのが「プール熱」です。 2017年6月現在、流行っているとニュースにもなりました。(Yomiドクター「プール熱感染者、過去10年で最多」) …

赤ちゃんや妊婦さん、カフェインはどのくらいまで大丈夫?

水分補給のことについて考えたとき、何を飲んだらいいのか迷いますよね。 赤ちゃんや妊婦さんは、出来る限りカフェインを避けることが望ましいとされています。 赤ちゃんだけではなく、幼児、児童(小学生)もカフェインは避けたほうが …

離乳食のおかゆの進め方:7倍がゆは必要なのか

「7か月になったのですが、7倍がゆにしたほうがいいですか?」 といった質問がよくあります。 確かに多くの雑誌や本には、7か月から7倍がゆと書いてあります。 7倍がゆとはどのようなものなのでしょうか、本当に必要なのでしょう …

【受講生の声】離乳食アドバイザー 香月りさ さん

香月 りさ さん(離乳食アドバイザー) 東京都 親子向け料理教室『mamako・kitchen』主宰 Q.どんなお仕事などをされていらっしゃいますか? A. ママ野菜ソムリエながらの視点で、親と子に向けた料理教室『mam …

幼児食アドバイザーの種類

「母子栄養協会では、通信講座やらないのですか?」というご質問がありました。 残念ながら、 (一社)母子栄養協会では、通信教育は行っていません。   なぜなら、 通信講座は、簡単に資格がとれるメリットがありますが …

正月料理「おせち」の数の子やいくらは 何歳から食べさせてよい?

お正月の「おせち」には、様々な料理が入っていますが、子どもや赤ちゃんにあげていいものなのでしょうか。 地方や各家庭によって中身が違うとは思いますが、今回はおせちの定番の数の子や黒豆などについて考えてみたいと思います。 お …

おせち

寒さから守るには子どもに人気のメニューがオススメ!

急に冬がやってきたかのような寒さです。我が家の元気印な息子も、「動きにくい」といいながら長ズボンを履いて登校しました。これからの季節は、胃腸炎やインフルエンザなど冬に多い病気の流行が気になるところです。 睡眠と栄養を十分 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 母子栄養協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.