手づかみ食べは、早いと9か月くらいから始まり、およそ1歳になると多くの子どもが始めます。
「手づかみ食べの食材=スティック野菜」をまずイメージされる方が多いのではないでしょうか。

生のスティック野菜を大人は食べますが、手づかみ食べが始まる9か月頃の子どもは奥歯がないため、生の野菜を噛んで食べることがまだ難しい時期です。加熱をして軟らかくすると食べやすくなります。

スティック野菜をいつから始め、どのように食べさせたらいいのかをお伝えしたいと思います。

どれくらいの固さのものが食べられるの?

食べられる固さは、噛む力や歯の生え方などにより変わるので、口の中の発達状況に合わせて調整してあげましょう。

*前歯はかじる役割をしています。

9か月から

バナナくらいの固さを、歯茎に送り、つぶして食べます。

1歳の頃

肉団子くらいの固さを、歯茎で噛みつぶせるようになります。 

2歳半~3歳の頃 (上下20本の歯が生えそろった状態)

奥歯が生えそろい、上下20本の歯が生えそろうと噛み合わせが安定するので、ある程度固いものや繊維のあるものをしっかり噛んで食べることができるようになります。

 おすすめしたいスティック野菜

以前、手づかみ食べの話を紹介しましたが、手づかみ食べをするとき、最初のうちは長細い形だと口の中に押し込んでしまって、前歯でのかじり取りがうまくできないことがあります。

最初のうちは、小判型の形状が持ちやすく、おすすめです。
慣れてきたら、長細い形のスティック状に挑戦していきましょう。

口の中へ入れすぎや誤飲のないように、見守りは大事です。

前歯が生えていて、自分で手づかみをしたがる 9~11か月ころ のお子さんにおすすめしたい スティック野菜を紹介します。

おすすめ野菜

人参、大根、アスパラガス、パプリカ、かぶ、ブロッコリーの芯 など

*皮はしっかりむく

大きさ

7mm角×4cmの棒状

作り方

皮をむいて棒状に切り、水から茹でる。
指でつぶせるくらいの硬さにする。

*ラップに包んで冷凍もできます。

 

 

 

生のスティック野菜は、いつからいいの?

手づかみ食べの始まる9か月頃の子どもは奥歯がないため、生の野菜を噛んで食べることが、まだ難しい時期です。

2歳半から3歳くらいになると上下合わせて20本乳歯がそろうので、生のスティック野菜はその頃からがよさそうです。

*スティックきゅうりなどを始めることができますが、誤飲のないように見守っていきましょう。 

 

 

加熱したスティック野菜は、長い時間、茹でることで甘くなり、おいしさが倍増していきます。

また、切って茹でるだけなので調理はとっても簡単。冷凍ができるので、食べたい時にすぐ用意ができて便利です。

まずは大人が食べるところを見せてあげてください。初めての食材を子どもは、警戒をします。大人がおいしそうに食べるところを見せて、親子で一緒に食べましょう。

親子でそろって野菜スティックを楽しんで、野菜好きになれたらよいですね。

 

《参考》

1週間分作りおき!フリージング離乳食/大泉書店/川口由美子監修

子育て・子育ちを支援する 小児栄養/萌文書林/堤ちはる・土井正子編著

 

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら

プロフィール

夏目千恵子
夏目千恵子
母子栄養指導士
管理栄養士

幼児食、学童食などを基軸として食のアドバイスを行う。