日比野まりな日比野まりな さん
妊産婦食アドバイザー
管理栄養士 

奈良県

Q.どんなお仕事をしていますか?

A.病院管理栄養士時代には主に生活習慣病や腎臓病、透析の患者様への栄養指導を担当しました。
高齢者施設では約200名の栄養管理と共に、嚥下困難や、低栄養の方へのお食事の決め細やかな管理を担当しました。
現在はフリーで妊活中の方などに食事指導をしています。

 

Q.今回の妊産婦食アドバイザーの講座に参加する前に、お悩みなどありましたか?


A.
フリーランスでお仕事を始めて行く前に、正しい知識を学べる場所を探していました。
自分自身が妊活や妊娠時に、妊産婦食をきちんと学びたいという思いがありましたが、雑誌やネットの情報は内容がちぐはぐだったり、本当に信頼できる情報を知れる場所は無いのかな?不安な気持ちを誰かに聞いて欲しいなと悩んでいました。

Q.講座を受けてどうでしたか?

A.
妊活~授乳期まで、幅広く学べた所が良かったです。

出産を経て、こちらの資格に出会い、協会の理念や、先生方の熱意を知ることができました。今度は私が妊産婦食アドバイザーの資格を取って、妊活中の方や妊産婦さんの不安な気持ちを取り除くお手伝いができたら!と思い、受講し、不安が解消されました。

Q.課題はどうでしたか?

A.
調理の試験は不安でしたが、アドバイスも手厚いので、楽しみながらクリアする事ができました。

Q.今後この資格をどう活用していきたいですか?

A.
今後はこちらの資格を生かして、個別相談やセミナーを開催して行きます!

日比野さんのアメブロはこちら>>

 

<協会より>

まさに妊活や妊婦さんへの指導をしようとしていた日比野さんには、ちょうどあてはまる講座と内容をお伝えできたかなと思います。
さらに活動しやすいようにとアメブロのバナーなども無料で作成させていただき、協会としても活動を陰ながら応援させていただいております。
母子栄養協会では、妊活中の女性やお母さん達が食情報に惑わされないように、個々によりそったアドバイスを目指しています。
妊活に関しても栄養学でいえることは限られていますが、どこに問題があるのかを多面的にさぐって考えていく講座になっています。

 
  母子栄養協会各種アドバイザーへのお申込み と 現在の募集日程はこちら