子どもと母親の健康を食卓から考える
最新記事

コラム

【幼児食アドバイザーのレシピ】お鍋からとりわけOK!野菜たっぷり幼児食

11月24日は和食の日だそうです。 でも幼児期の子どもに和食ってあまり人気ありませんよね。 和風だしのうまみを教えてあげたいのになかなかうまくいきません。冬だとお鍋からとりわけをしたくなりますが、なかなか食べてくれない子 …

【幼児食アドバイザーのレシピ】野菜たっぷり米粉のシチュー

こんにちは。皆さんのお子さんはお野菜大好きですか? 最初は好きだったのに、苦手になっちゃって・・・という人はいませんか? 子どもたちに野菜をたくさん食べさせたいと思ったら、シチューがおすすめです! とはいえ、シチューって …

簡単でかわいいフルーツカッティング(Chiik掲載コラム紹介)

離乳食アドバイザーでフードスタイリストでもある 野間美花 による記事が 3分で読める育児マガジン「Chiik」に掲載されています。 母子栄養協会は 中央果実協会の「毎日くだもの200g」の運動を推奨しています。 ぜひ下記 …

【会員専用】 活動の場03:ママや栄養士目線が生きるかも?

食や栄養、ママなどのキーワードで活躍されたい方に 活躍の場のご紹介です ーーーこのページは会員専用です。メールマガジンにあるパスワードを入力してくださいーーー――――――――――――――――――――――――――――――― …

いちごはいつから どのくらい食べられる?

春頃が旬ですが、クリスマスの季節が近づくと店頭にたくさん並び始める「いちご」 みんなが大好きないちご、家族の食卓に並ぶときは、赤ちゃんも一緒に食べられるのでしょうか? 今日は、離乳食ではいちごはいつから?どのようなことに …

子どもの風邪予防対策はちょっとした食材選びで解決!

寒さが深まり、風邪が流行っていませんか? これから年末に向けてインフルエンザ、RSウィルスなども例年、流行しますね。 インフルエンザの予防接種など対策を考えている方が多いと思いますが、他にも予防対策を考えていますか? 風 …

離乳食のおやつの疑問 完了期のおやつの量は?

離乳食期の赤ちゃん用のおやつには、いろいろな市販品がありますよね。 市販品に○ヶ月~ 等と表記があると、つい、その月齢になったら食べさせた方がいいのかと思ってしまいがちですが、あくまでも栄養的に必要なのは1歳をすぎて、な …

風邪対策には果物(Chiik掲載コラム紹介)

管理栄養士であり母子栄養指導士でもある シライカヨコ による記事がChiikに掲載されています。 中央果実協会の「毎日くだもの200g」の運動を推奨しています。 ぜひ下記よりご覧ください。       母子栄養 …

【離乳食レシピ】1才の誕生日ケーキ(ヨーグルト使用)

1歳のお誕生日のケーキはいろいろ悩みますよね。 前記事「生クリームはいつから」でもお伝えしたように、1才になりたての子に生クリームはまだ早いです。 生クリームは1才になったら大さじ1程度ならいいのですが、ケーキとなるとつ …

【離乳食】水切りヨーグルトの作り方

生クリームは1才をすぎたらほんの少しだけあげることができますが、生クリームはほとんど油なので、離乳期にはできるだけ避けたいものです。(以前の記事「生クリームはいつから」参照) その代用としてよく使われる「水切りヨーグルト …

おいしい野菜の離乳食 ~クリスマス色で祝おう~

  離乳食アドバイザーであり、野菜ソムリエプロの資格を持つ講師による おいしい野菜の離乳食セミナー「クリスマス色で祝おう」 「離乳食でもクリスマスを祝いたい」 「野菜嫌いにならないためにも離乳食からがんばりたい …

保護中: 【幼児食アドバイザーのレシピ】電子レンジだけ!3色グラタン

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

お刺身は何歳から食べられる?

離乳食期の食材選び、これはいつから大丈夫?と気になるものもありますね。 回転寿司などの普及で身近に感じるお寿司やお刺身、今日は生のお魚について解説します。 お刺身は、離乳期すぎてからなのか、3歳なのか気になるかと思います …

【離乳後期】さつまいものチーズ焼き(保育ぷらす掲載)

保育ぷらす に掲載されている「さつまいもチーズ焼き」 離乳食アドバイザー 香月りさ のレシピです。 さつまいものチーズ焼き(離乳食後期)

サツマイモの離乳食

子どもが喜ぶ、簡単!遠足のお弁当

遠足シーズン到来しました。こどもたちは、お弁当をとても楽しみにしています。 こどもたちが喜ぶお弁当を忙しい朝でも無理なく、簡単に作れたらうれしいですよね。 こどもが喜ぶ!3つのポイント こどもがお弁当箱を開けたところを想 …

幼児向け遠足弁当

Let’s 妊活!妊娠力を上げる食事は卵子の発育も考えたレシピを

赤ちゃんがそろそろ欲しいなと思ったとき、いろいろなことを考えますが、まずは体のメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。 私たちの体は、食べたものでできています。 子宮や卵巣の細胞は、新陳代謝をしています。 その材料と …

納豆丼

幼児のおやつに果物がいい(Chiik掲載コラム紹介)

管理栄養士であり母子栄養指導士でもある シライカヨコ による記事がChiikに掲載されています。 中央果実協会の「毎日くだもの200g」の運動を推奨しています。 ぜひ下記よりご覧ください。 Chiik :https:// …

果物

【受講生の声】母子栄養指導士 シライカヨコさん

シライカヨコさん (母子栄養指導士) (妊産婦食・離乳食・幼児食・学童食アドバイザー) 管理栄養士 東京 シライカヨコのおいしい時間 OntheTable   Q.どんなお仕事をしていますか? A.食品会社、中 …

Shiraikayoko

【会員専用】売れるレシピを作るには その1:構図

協会で勉強し、アドバイザーとなった人のレシピを購入したい! という企業様より連絡をいただきます。 そのようなときに、きれいな写真がとれるとうれしいですよね。 ちょっとしたコツでよくなるので、今回は構図について説明します。 …

鮭(さけ)はいつから? サーモンとの違いは?

白身魚はいつから食べられる? 離乳食をはじめて、おかゆや野菜などを1か月食べたら、白身魚を始めることができます。 つまり、生後5か月頃から離乳食を始めたとしたら、6か月くらいから赤ちゃんにあげることができます。 <魚を食 …

鮭、離乳食のために取り分け
1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 母子栄養協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.