d1e662932ffa132691b95227303d5dda_s1歳半で離乳食が終わって、ほっとしたいのが、幼児期。
「やっと離乳食が終わって、大人と同じものが食べられる」と思っていませんか?

実は、離乳食は食べるための練習であり、幼児食からが食べる本番なので、より細かな配慮が必要です。

ミルクや母乳がなくなり、すべての栄養を食事からとらなくてはいけなくなるからです。

では、幼児期にはどんな栄養が必要なのでしょうか。

幼児期に必要な栄養

・エネルギー

幼児期にはたくさんの栄養が必要ですが、まず、カロリーが体のわりには多めに必要です。
大人が必要なエネルギー所要量が約2000kcal程度なのに比べて、3~5歳のエネルギー所要量は1日に1200~1400kcalとされています。
やはり動く量や代謝がいいからなのでしょう。

・ミネラル
幼児期は、骨や細胞をどんどん作る時期なので、カルシウムや鉄などのミネラルが特に必要です。
特にカルシウムや鉄を積極的に多くとるよう心がけると良いでしょう。特にカルシウムは不足しがちなので
問題となっています。
カルシウムは大人が600㎎必要なのに比べて、3~5歳の所要量は、500㎎必要だとされています。
かなり多いですよね。

栄養を効率よく摂るために

一度にたくさん食べられないのに、カロリーなどの栄養が必要なので、幼児の場合は、3食のごはんの他に、
おやつ(補食)が必要になります。3歳までは朝10時と3時、3歳からは3時のおやつが必要となります。

おやつというと、いわゆるお菓子を想像しますが、補食と書いたように、これは3食のごはんだけでは摂りきれないものを補うためにあります。

先ほどお伝えした、エネルギーやカルシウム、鉄分をよく考えておやつを選びましょう。
カルシウムが多く、おやつとしてすぐ出しやすいものは、牛乳1杯はカルシウム200㎎、チーズ20gが120㎎などです。

他にもおやつ用の味付け小魚などもあります。

ただ、スナック菓子は、せっかくとったカルシウムを吸収しにくくしてしまうリンを含んでいますので、なるべく避けるようにしましょう。

幼児に必要な栄養は、主に、カルシウムと鉄分、そして元気に動くためのエネルギーです。
意識して、摂るようにしてみましょう。

************************************

お母さんの笑顔をもっと増やすための仲間になりませんか?離乳食アドバイザー

『離乳食アドバイザー 養成講座   開催決定!』

2016年11月26日(土) 10:00~16:00
場所:飯田橋セミナールーム(東京都)
(場所は参加者に追ってご連絡します)

受講料:38,000円(税抜)(エプロン、認定バッヂ、ディプロマ付)
*本講座を受講し、試験と課題提出に合格すれば、「離乳食アドバイザー」に認定し、講座修了証を発行いたします。

第一期生としての募集となります。講師は代表講師 川口由美子が直接担当します。
この機会をお見逃しなく!

詳細お申し込みは こちら>>