レシピ投稿サイトにレシピを載せている人、または載せてみたいと思っている人はいませんか?
離乳食の日記をインスタグラム等のSNSに撮りためたりしている人も、最近は多いみたいですね。

・自分が頑張るだけではなく、写真に撮ることで自分自身の励ましにしたい
   (そうしたら離乳食づくりもがんばれそう!?)
・赤ちゃんとの暮らしの中でママとしてのがんばりを残したい!
・料理家としての活動の宣伝として
・専門知識(保育士、栄養士など)の向上のために

そんな方には、レシピを発信することをオススメします。

今回は、自分の離乳食づくりの励ましになりそうなコンテストのご紹介です。

「ベビーカレンダーbyクックパッドベビー」離乳食コンテスト

クックパッドベビーのホームページより応募ができます。

ご応募の際には、下記を書くようです

・投稿者さまのニックネーム
・投稿者さまのメールアドレス
・みんなに伝えたいレシピのレシピ名
・レシピに適した赤ちゃんの離乳食期
・レシピの材料と必要量
・レシピの作り方
・レシピの自慢ポイント
・レシピ写真(jpg形式、1MG以下のものをご用意ください)

せっかく作ったその離乳食、記念に残しておくのもいいけれど、ちょっと発表してみては?
さらに素敵な記念になるかもしれません。

ギフト券などが当たるみたいですよ!!

当たっても当たらなくても、今の頑張っていることをちょっと発表してみるだけで、気持ちもラクになるかもしれませんので、オススメです。
赤ちゃんは、ご機嫌や体調によって、せっかく作った離乳食をちょっとしか食べてくれないこともありますよね。そんな時でも、ちょっと写真をとって応募することで、記念として残せるのは、ママのモチベーションアップになるのではないでしょうか。

是非チャレンジしてみることをオススメします。
当協会のアドバイザーを持っている人は、是非「#母子栄養協会 #離乳食アドバイザー #幼児食アドバイザー」など自慢ポイントの最後に加えてみてください。
(4月22日受講の方は本日第二弾の賞状発送完了。順次お送りします。再提出の方にも随時ご連絡しています)
レシピを送る上で心配なことがある方は、お知らせしている「くらぶ」のアドレスまでご相談ください。

母子栄養協会の各種アドバイザーは頑張る人を応援できるフォローがあります

先日協会より発信した離乳食アドバイザー野間美花さんのレシピは、インスタグラムで2000件を超える「いいね」がつきました。
協会の野間さんのページからは、野間さんのお教室のホームページにリンクも貼られているので、ご自身の経験だけではなくお教室の大きな宣伝効果にもつながります。
個人で2000件のいいね!は、なかなかつかないかもしれませんが、協会を利用すればできないことではありません。
(注:この投稿はFacebookからの投稿であり、Instagram上では画像は載っていません)

今後、母子栄養協会では様々な媒体に向けて卒業生のレシピを発信しつづける場を設けていきます。
協会の名前を使って、なおかつご自身の名前やお教室、保育園の名前を使って宣伝できるような仕組みを作成中です。
当協会のアドバイザーを取得された方には、近日中にご案内いたします。

FacebookとInstagramとの連携投稿のため、現在Instagramには掲載されていません