今、何かと「給食」が話題になっています。

1つは北海道で排気管のアスベストが問題で簡素給食になっているとのこと。
仕方がないとはいえ、パンと牛乳、チーズ、ゼリーでは栄養の偏りが心配です。

栄養面としては、これでは全然とれないのが残念なところです。

なぜなら、日本の学校給食は、学校給食法第8条第1項の規定に基づき、児童又は生徒一人一回当たりの学校給食摂取基準をもとに実施されているからです。その基準にもとづいて、エネルギーはもちろん、ビタミン、指定のミネラル(カルシウムなど)まで計算されて出されています。

たしかに野菜は高騰していますし、アスベストがさらに飛散しても困るのですが、子どもの栄養は守りたいものです。

栄養栄養素別にいわず、ざっくり説明すると左図のようになります。赤、緑、黄色の3色の栄養分類は、小学生の時にも見たことがあるのではないでしょうか。

これでいうと、今回の北海道の給食は野菜類、つまり「体の調子を整える」ものがまったく足りていません。

家で今まで以上にたくさんの野菜類をとるような工夫が求められます。

簡単なのは具沢山のスープです。ミネストローネや豚汁などがよいでしょう。果物も摂るのを忘れずに。

やむを得ない状況であると察しますが、一刻も早く安全な給食が復活するといいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小学生の食事について詳しく学べる「学童食アドバイザー講座」のご紹介img_Gakudou_310x198
子育て中の食事、栄養管理について、また料理教室や食育教室などを開けるようになるための栄養学的知識が学べます。
講座は1日で終了しますが、後日、課題を提出していただき、審査をさせていただきます。全講座を受講し、試験と課題提出に合格されれば、「学童食アドバイザー」に認定し、講座修了証を発行いたします。

合格者は「学童食アドバイザー」としてご活躍いただけます。
小学生の食事に興味のある方、小学生の保護者の方はもちろん、塾講師や学童施設経営者さまなどにも最適です。

こんな方におすすめ

  • 日頃のお子さんの食事について、詳しく勉強したいという方
  • 小学生の食事に携わることがある方(放課後教育、学童、学習塾など)
  • 栄養士、管理栄養士などであり、小学生への食育の仕事をしたい方

カリキュラム

  • 学童期における心と体の成長
  • 学校給食
  • スポーツと食事の関係
  • 小学生の食事との問題点とその解決を考える
  • 学力と栄養(集中力UPと塾弁当のあり方)

教材と附録

  • 学童食アドバイザー養成講座テキスト

*合格者には、エプロン、バッヂ、ディプロマ(認定証)を授与いたします

講座開催予定

2017年3月5日(土)10:00~16:00
*申し込み開始は12月1日~予定