「母子栄養協会では、通信講座やらないのですか?」というご質問がありました。

残念ながら、

(一社)母子栄養協会では、通信教育は行っていません。

 

なぜなら、

通信講座は、簡単に資格がとれるメリットがありますが、しっかり理解してもらうには言葉で伝える必要があると思うからです。私の文章能力が低いのかもしれませんが、すべてを文字だけでお伝えするには限界がありました。皆さんは通信講座をやった経験がありますか?通信よりも実際の授業だと あっという間に理解できたという経験はありませんか?

 

また モチベーションが変わってくるのが大きな違いかと思います。

実際にディスカッションしたり、

わざわざ時間をかけていくことでやる気が高まったり、

同じ講座を受ける隣の席の知らない人と交流したり ・・・

そのような出会いや経験が、
今後の活動を後押ししてくれるのではないでしょうか。
「保護者にアドバイスをするには」という指導に、母子栄養協会では重点を置いており、アドバイザーとして活動するためのアドバイス要領を実践的に学ぶことができるのが特長です。これは通学にしかできないものなのです。

資格をとって、資格を活かした活動をしたい人にオススメしたいのが、母子栄養協会の「幼児食アドバイザー」なのです。

しかしながら、子育て時期のお母さん受講生が多いのも現実なので、通学はなかなか難しいのが現状です。
そのような方には、他社の通信タイプをオススメしてまいりました。

そこで、いつかは「半日通信+半日通学」コースを設ける予定で準備中です。

尚、こちらでは、他社もあわせて、当協会の講座も並行して紹介されていますので参考にしてみてください